2013年10月07日

ふむ。アンチと嫌いの違いを考える

観光地で韓国人のツアー客を見るたび、「韓国人は、日本のことが嫌いなのに、なぜ日本に観光に来るのだろう?」と思う。
その答えは、「韓国人は、反日だが嫌日ではないから」が正解だろう。
逆に、韓国を訪れる日本人の数は急減している。
その理由は、「日本人は、反韓ではなく嫌韓だから」だ。
反中、反韓に対して反日はあるが、嫌中、嫌韓に対して嫌日という言葉はあまり聞かない。

「反」と「嫌」は、似ているようでまったく違う。
「反(アンチ)○○」は、そのターゲットである相手の考えや存在を否定する。相手を否定するためには、対象の言動を細かくチェックしなければならない。だから、その対象について興味津々だし、すごく詳しい。

対して、○○嫌いは、対象の言動に関心を向けない。当たり前だが、嫌いだから見たくも聞きたくもないのだ。
自分は韓流が大嫌いなので、テレビで韓国ドラマやK-POPが流れてきたら、すぐにチャンネルを変えるし、韓国よいしょのコメンテーターが出てるテレビ番組もみない。嫌いなものは、避けたいと思うのが普通だ。否定する以前に関わりたくない。

○○嫌いな人は、嫌いな料理が出てきても食べないが、○○アンチは、その料理を平らげた後で、まずいだの高いだのと文句を言う。アンチに「嫌なら食べるな」は通じない。食べたくて仕方がないのだから。

○○嫌いは、それを嫌う明確な理由があり、それ故、関わりたくないというわかりやすい心理が働く。それが原因で相手から嫌われても気にならないどころか、せいせいする。
しかし、アンチ○○は、相手のことを否定しながら、やたらと絡みたがり、かつ、相手に好かれたがる。相手から大嫌いだと言われても、「嫉妬している」とか言い出して、嫌われていることを認めようとしない。
自分が大嫌いな韓国のことをわざわざブログに書くのは、韓国の日本に対する嫌がらせに対抗するためと、この「日本人は韓国に嫉妬している説」に反論するためだ。

嫌韓な自分は、「韓国のここが嫌いだ」と思うことについて書くわけだけど、反日の韓国人は、「韓国が認めたくない日本の成功や評価」について書く。
韓国でオリンピックの開催が決まっても、日本では特に話題にならないが、東京でオリンピック開催が決まると、韓国ではブーイングの嵐だ。歴史を反省しない日本はオリンピック開催の資格がないとか言ってるけど、日本でオリンピックが開催されるのは4回目なんだけど、今更何言ってんだか(笑)。

アンチの心理を簡単に言えば、「相手が自分(や自分が支持している人)より人気があるのが気に食わない」の一言に尽きる。注目を浴びている人気者の存在は、アンチの劣等感を刺激するから、それを否定しないと精神の安定が保てない。
従って、アンチが成立するためには、その対象がアンチしてる人より人気があったり評価されていることが前提だ。
だから、アンチ自民党はいてもアンチ民主党はいない。自民党には、アンチが嫉妬する実績と根強い支持基盤があるが、民主党にはどちらもない。民主党は、ただ嫌われるか、呆れられている。

日本人が反韓ではなく嫌韓になる理由もそこにある。
韓国人が世界が羨むと誇っているものは、どれも日本人にとってはどうでもいいものばかりだ。韓国人は、サムソンの売り上げが自慢のようだが、日本人は、たかが電機メーカーを自慢しない。アメリカ人だってアップル社を自慢しないだろう。
韓国人は、すぐに韓国の優秀性とやらを誇ろうとするが、民族的に優秀かどうかを気にすること自体、無意味であることが理解できない。

相手の悪口を言いながら好かれたがるのが○○アンチ、相手に好かれたくないのが○○嫌いだ。ポンコツ左翼新聞は、「ヘイトスピーチをすると自分もヘイトされるぞ」と言えば、嫌韓が減ると思ってるようだが、そもそも嫌韓派は、韓国に好かれたいと思っていない。
嫌いな奴に好かれることぐらい不快なことはない。
そんな当たり前のこともわからないから、反日左翼も韓国も中国も嫌われるんだよ。

posted by らいと at 23:34|

2013年08月24日

ぷっ:サザンとももクロを親韓派にしても無駄

すっかり日本に定着した嫌韓ムードに焦った反日左翼は、日本の人気者を親韓派に仕立て上げれば、嫌韓派が減ると思ってるらしい。
相変わらずの浅はかさだな。

サザンオールスターズの活動再開のニュースで号外が出たと聞いて、なんか胡散臭いと思っていたら、サザンの新曲『ピースとハイライト』は、日本の右傾化を憂いているメッセージソングだの中韓との友好を訴えているだのと左翼マスゴミがこぞって持ち上げている。
中国や韓国の新聞まで同じような記事をとりあげてるので、サザン自体はどういうつもりか知らないけど、中韓&反日左翼の宣伝に利用されているのは明白だ。
サザンが所属するアミューズは、韓国ミュージカル専門の劇場なんか作ってるし、韓国に取り入らないといけない弱みでも握られてるのか?
サザンの活動再開は、号外出すほどのニュースではないし、昔おちゃらけキャラだった桑田佳祐が政治的なメッセージを歌ったところで「だからどうした」としか思わない。

中高年向けにサザン、若者向けにももクロってことなのか、ももいろクローバーZも反日左翼の宣伝に利用されている。
ももクロのメンバーが、インタビューで日本の嫌韓の雰囲気について「韓国には韓国の言い分がある。ちゃんと韓国の言い分も知りたい。」という趣旨の話していたことがネットで批判の的になっている。
この発言は、たまたま話の流れで言ったとかではなく、『誰も戦争を教えてくれなかった』という本の対談での発言なので、明らかに利用されている。

そもそも、アイドルグループが、こういう本のインタビューをOKすることが不自然なんだけど、ももクロ自体、手足をドタバタさせてるだけのなのに「全力パフォーマンス」だのと、不自然にヨイショされて人気グループ扱いなわけで、胡散臭い。
ついでに言うと、AKBの対抗馬扱いだけど、ガールズグループなのにユニゾンの声が汚いという致命的欠点があるので国民的ヒットソングは出せないと思う。

反日左翼が解釈するサザンの歌詞と、ももクロの発言内容はリンクしている。
『ピースとハイライト』の歌詞には、「何気なくみたニュースでお隣りさんが怒ってた、今までどんなに話してもそれぞれの主張は変わらない」「いろんな事情があるけど、知ろうよ、互いのいいところ」とある。
相手を怒らせてばかりいないで、仲良くしようみたいな内容だ。
左翼マスゴミには、「それぞれの」とか「互いの」の部分が見えないようで、日本が相手(中韓)を怒らせてるんだから、日本が相手の話しを聞くべきだとサザンが歌ってるという論調になっている。
ももクロ発言の「韓国の言い分も聞きたい」とまったく同じだ。

「向こうの言い分も聞こうよ」という姿勢は、向こうが常識人である場合、当たり障りのない模範解答なのだが、向こうが常識の通じない嘘つきである場合には、己の信用もなくす発言だ。
この発言をしたメンバーは、「外国人だという理由で嫌ってはいけない」とか「どんな国の人とも仲良く」とかいうお花畑の理想論に反論できる知識がないのだろう。
媚韓発言はネットでは叩かれるが、テレビや新聞では歓迎されるし、中韓を批判するほうが叩かれる。サザンもすっかり反日左翼御用達バンドに成り下がった状況を見れば、音楽業界は媚韓&反日バカが大きな顔をしてるだろうことは容易に想像がつくし、彼女は周りの大人に話を合わせただけなのかもしれない。

『ピースとハイライト』にある「都合のいい解釈で争いを仕掛けて…」というのは、現在の中韓のことにしか思えないわけだけど、反日左翼にはそう見えないらしい。
嫌韓&嫌中派が増えた理由の一つは、「中韓の言い分は嘘ばかり」であること、そして「中韓は、日本の言い分など聞く気がない」ことに気付いたからだ。

対馬から仏像を盗んでおいて、「これはもともと日本に盗まれた物だから返さなくて良い」と言い張るような韓国人の言い分など聞くだけ時間の無駄だ。
こう思うのに政治的スタンスは関係ない。
常識人なら思うことは同じだ。
「韓国人には常識が通じない。」
歴史も領土も経済指標も食品も嘘だらけの中国も同じ。

中国人や韓国人が嫌われるのは、日本が右傾化したからではなく、日本は常識人が多いからにほかならない。日本人は嘘つきが嫌いなのだ。
反日左翼は、嫌韓派はみな右翼だと思いたいようだが、日本の多数を占める常識人を敵に回してしまった以上、形勢逆転の日はこない。

『ピースとハイライト』の最後は、「愛することをためらわないで」で終わるけど、性悪な嘘つきは愛せませんから。
日本人に愛されたかったら、韓国人も中国人も正直にならないとね。

posted by らいと at 15:55|

2013年07月14日

へん!共産党にブラック企業を批判する資格はない!

ワタミグループの前会長渡辺氏が参院選の自民党候補に決まってから、突然始まった渡辺バッシング。
すんごく胡散臭い。
渡辺氏以上に胡散臭い。
2011年に東京都知事選に出馬したときは、アンチ石原なマスゴミ連中が持ち上げていたし、その後も、大阪府、大阪市の特別顧問とかになってるけど、バッシングはなかった。
この人は、バッシングどころか、成功した若き経営者としてずっとマスコミに持ち上げられてきた。テレビ番組にコメンテーターとして出演することも多かった。
自分は、ワイドショーや情報番組でよく見るマスコミ御用達の非芸能人(経営者とか教授、ジャーナリスト)は信用しないようにしてるので、個人的に渡辺氏は好きではない。
自分には胡散臭い作り笑顔にしか見えないが、世間的には穏やかそうな人に思われてるだろう。

それが、突然バッシングされる側になったのはなぜか?
ワタミのせいで娘が自殺したと主張している親が、渡辺氏を公認候補からはずせと自民党に抗議にいってるけど、なんで自民党に抗議するのか意味がわからない。自分が嫌いな奴が立候補するからといって、党に抗議に行くのは筋違いだ。こんなことで立候補が取りやめになったら、「選挙制度」が無意味になってしまう。
ホリエモンが自民党から立候補した時だって、賛否が多かったが、立候補させるなと自民党に抗議した人はいない。
だいたい、無所属だったら、どこに抗議に行くつもりだったのか。

何か不自然だと思ったら、バックにいるのが共産党だった。
共産党は、渡辺バッシングとワタミに対するブラック企業のレッテル張りに熱心だ。「自民党は、ブラック企業対策に弱腰だ」と、ブラック企業対策を選挙の争点にしようとしている。
なんか、「派遣村」の時と似ている。派遣切りは、自民党のせいで、自分たちは、派遣切りにあった可哀想な労働者の味方です、ってポーズ。ブラック企業の悪印象を自民党にかぶせるのが目的だ。

断言しよう!
渡辺氏が自民党以外の党から立候補していたらバッシングされていない。
共産党は、渡辺氏が都知事選に立候補した時は、何してたの?

そもそも、共産党にブラック企業とやらを批判する資格はあるのか?
あるわけがない。
ブラック企業の問題は、人件費が安いことや労働条件が悪いことにあるだろうが、人件費を上げるために、サービスの価格を上げたら、真っ先に文句を言うのは、共産党だ。
「庶民の暮らしが圧迫されてる〜」って言うに決まってる。
ニュース番組でも、原材料の価格が上がっても、「お客様のために」価格を据え置きにしています、という飲食店を取り上げている。
低価格を追及しなければ、客のことを思っていないかのような雰囲気を作ってるのは、メディアや左翼だ。
アベノミクスで高級品が売れても庶民には恩恵がないと言うが、金持ちが買うものを作ってるのも金持ちだと思ってるのだろうか?

スーパーでは、豚肉や鶏肉より牛肉のほうが割高なのに、牛丼は貧乏人の食べ物になってしまった。牛丼が280円で食べられなくても死にはしない。
吉野家は余計なことをしたと思う。
自分は、牛乳を底根で買わないようにしている。(特別高いのを買うわけでもないけど)
安すぎるものは、安すぎる人件費に支えられている。
ワタミが成功したのも、低価格だからだ。
低価格でなければ、企業努力が足りないと言うくせに、人件費が安いのはひどいと言う。
共産党のような左翼政党は、企業は利益ばかりを追求するなというが、儲からなければ、従業員の給料も上がらない。

共産党は、政党助成金をもらっていないのが自慢のようだが、ならばどこから金を調達しているのか?
共産党は、ポストにビラが入る頻度が他党より多い。共産党は、選挙じゃない時でも、駅前でマイクで演説してることも多い。どう考えても金も人手も多く使っている。
表向き、機関紙や個人献金が資金源となってるが、その活動が、支援者の手弁当で成り立っているのはよく知られている。
左翼や市民団体は、手弁当で協力してくれる支援者がいることを美談のように言うが、自分たちは、他人のただ働きを当てにして活動してるのに、ブラック企業の人件費が安いことに文句をいうのはおかしい。
共産党が、本当に労働者のためを思うなら、すでにワタミの会長でもない渡辺氏の悪口を吹聴するより、ブラック企業の従業員にストライキの仕方でも教えてやれば?

自民党嫌いで民主党にも維新にも失望した人で、共産党に投票する人が増えてるなんて記事を見るけど、共産党は、社民党同様、日本のための政党ではないということをお忘れなく。
選挙公報に「アメリカの言いなりをやめ、基地も安保もない日本をめざし、平和に貢献」と書いてある。米軍基地や安保をなくして、喜ぶのは中国だ。ブラック国家中国のいいなりになるのは真っ平御免。
ブラック国家のいいなりの政党にブラック企業を批判する資格はない。
posted by らいと at 20:45|

2013年06月24日

ふん!「女性目線」は、女を馬鹿にしてる

選挙期間になると、駅前とかで候補者がマイクで怒鳴ってる場面に出くわすわけだけど、その内容は、庶民気取りのくせに庶民目線とはほど遠い。
「今の悪政を正さねばなりません!」とか「アベノミクスで皆さんの生活はよくなりましたか!」とか、庶民の神経を逆なでするようなことしか言わない。
庶民は、民主党政権で「悪政」の見本を知ってしまったので、安倍内閣が悪政だと言われてもただの負け惜しみにしか聞こえない。
「アベノミクスは庶民に恩恵がない」と言われても、3年超の民主党政権で、庶民はなんの恩恵も受けていないし、自分に恩恵があろうがなかろうが、株価が安いより高いほうがいいことぐらい貧乏人だって知っている。
そもそも庶民は、金持ちを妬んでるに違いないという前提なのが馬鹿にしている。

「庶民目線」が庶民を馬鹿にしているのと同様に、「女性目線」を訴える奴も、女を馬鹿にしている。
先日も、選挙運動中の誰かがマイクでこう叫んでいた。「横浜市で待機児童をゼロにすることができたのは、横浜市長が女性だからです!」
声を聞いただけで、姿は見てないので、候補者自身なのか応援の人なのかはわからないけど、男が言っていた。

女を持ち上げているつもりなのかもしれないが、女を馬鹿にしている。
なぜなら、市長が女なら誰でも待機児童をゼロにできると思ってるからだ。
「誰がやったか」は無視されている。
「女性のほうが育児に関心が高いから」とも言っていたが、男は育児に関心がないから、男がトップの市区町村は、育児対策がダメダメなのか?

「女性目線」という言葉はよく聞くが、「男性目線」という言葉は聞かない。
横浜の市長が男だったら、待機児童がゼロになったとしても、「待機児童がゼロになったのは、市長が男性だからです!」とは絶対に言わないだろう。
その市長の能力やパーソナリティが評価されてるはずだ。

女が仕事で結果を出すと、「女性目線」で成功したと言われる。政治だけでなく、商品開発なんかでもそうだ。
「女性ならではの細やかなセンス」だの言うけれど、がさつな女だっているし、女なら誰でも細やかなわけではない。たまたま、その人が細やかなセンスを持ち合わせていただけだ。
たまに、細やかに見えない女が成功すると、「女性とは思えない男まさりの行動力で云々」なんて言い出す。

女性用の商品を作ってるメーカーのほとんどは、男が創業者だ。女が社会進出していない時代から、女性に需要があると思えば、男は女性向けの商品を作ってきた。別に女性用だからって、手を抜くわけでもあるまい。社会で成功するのに男か女かは関係ない。

男女共同参画だの女性議員を増やそうだのと言う前に、女の成功を「女性目線」のせいにすることをやめるのが先。

posted by らいと at 20:04|