2014年08月11日

朝日新聞こそが女性の尊厳を踏みにじっている

日新聞は、吉田清治の証言に基づいて、韓国人慰安婦に強制があったとする自らの記事を事実ではなかったと認め記事を取り消すと言い出した。
だが、あくまでも自分達は、嘘を見抜けなかった被害者であり、記事は捏造ではなく誤報だと言い張っている。
謝罪する気も無ければ、反省する気も無い。嘘つき男の吉田清治はすでに死亡、記事を書いた植村隆とか言う記者は退社済みだ。STAP論文の捏造問題より大きい問題だが、会見すらしないで済ますつもりらしい。

そして、朝日とお友達の毎日新聞などの反日マスコミや市民団体という名の反日団体、そして韓国の新聞は、まるで事前に打ち合わせでもしたかのように同じ論法で朝日の捏造記事を擁護している。
それは、朝日新聞の韓国人慰安婦に関する記事に嘘があっても、女性の尊厳と名誉が傷つけられたことに変りはなく、日本の道義的責任は免れない、という論点そらしだ。

だが、女性の尊厳と名誉を踏みにじっているのは、慰安婦を反日のネタに利用している朝日新聞や反日連中の方だ。もし、朝日新聞に女性の尊厳を守る気があれば、慰安婦だった女性を表舞台に引っ張り出して嘘を言わせたりしないからだ。

朝日新聞は、韓国人慰安婦の「母親にキーセン(慰安所)に売られた」という証言を「女子挺身隊の名で強制連行され慰安婦にさせられた」と変えて記事にした。
親に売られたと話した韓国人慰安婦は、記事を書いた記者である植村の義理の母親なのだが、植村は、義母が話した内容では、日本のせいにできないと判断し、証言を捏造したのだろう。義母の証言内容を変えて記事にしたのは、どう言い訳しても捏造だ。
慰安婦も始めは本当のことを言っていたが、嘘を言ったほうが周囲が褒めてくれるので嘘をつくようになったということだ。朝日新聞のせいで、韓国人慰安婦は嘘つきになったといえる。

そして、朝日は、慰安婦の数をインパクトのある数にするために、20万人とされる女子挺身隊の数をそのまま慰安婦の数にカウントし、「女子挺身隊の名で強制的に連行された」と捏造した。
女子挺身隊は、勤労奉仕団体なのだが、朝日の捏造記事のせいで、工場で働いていた女性も実は慰安婦だったと誤解されることになった。朝日は、女子挺身隊だった女性たちの尊厳と名誉も傷つけている。
朝日は、当時の研究が不足していたせいで混同しただのと言ってるが、嘘の上塗りだ、だいたい、女子挺身隊だった人がほとんど慰安婦だったのなら、工場で働いていた女性たちはなんだったんだということになる。それとも、工場はもぬけの殻だったとでも言うのか?

慰安婦問題の嘘がネットを通じて広く知られるにつれ朝日新聞や韓国などの反日連中は、作り話の内容を少しずつ変えて論点をずらそうとしてきた。
従軍慰安婦という言葉そのものが、戦後になって作られた言葉だということがばれると、従軍慰安婦という言葉を使わなくなった。日本軍が強制的に慰安婦にした証拠がないと指摘されると、強制の有無は関係ないと言い出した。
そして、慰安婦問題は、女性の尊厳と名誉の問題だと言い出し、慰安婦という言葉の代わりに性奴隷という言葉を作り出した。

朝日新聞や韓国は、アメリカに慰安婦像を建て、国連の人権弁務官に「日本は戦時中の性奴隷に対する対応を怠っている」と言わせて、慰安婦から性奴隷への言い換えと慰安婦問題の女性の尊厳の問題へのすり替えに成功したと思っているだろう。
だが、ここにも連中の女性の尊厳に対する無神経さが現れている。
反日バカには、姓奴隷という言葉のデリカシーのなさと、性奴隷と呼ばれることになる女性に対する配慮がまったくないからだ。
そこにあるのは、日本人に卑劣な性犯罪者のレッテルを貼るためには、より卑猥でショッキングなイメージの言葉を使えばよいという下衆で浅はかな考えだ。そこに慰安婦だった女性に対する配慮はまるでない。

例えば、女性を長年、監禁していた男が逮捕されたとしよう。その事件を報道する際、「被害女性は、男に性奴隷のような扱いを受けていた。」と書くメディアがどこにあるのか。それが事実だったとしても、そのようなデリカシーのかけらもない言葉を使うべきではないことぐらい常識のある大人ならわかる。
「性奴隷」という言葉を思いついてドヤ顔してること自体、下衆な証拠なのだ。

本来なら、年頃の娘が親に売春宿に売られるという話は、女性の権利や尊厳が蔑ろにされていた話として充分なはずだが、朝日新聞や反日連中はそう思わない。
だから、「日本兵」「女子挺身隊」「20万人」「強制的」「拉致」といった言葉で話しを盛ったのだ。
親に売られた娘というだけでは同情する気も無いのだろう。
その事実が、連中の人権意識の欠如を物語っている。
そして、強制性が否定された今となっては、ただの職業慰安婦は、奴らにとってなんの価値もなくなった。だから、彼女たちを性奴隷に格下げした。

反日連中が日本人の慰安婦や米軍相手の慰安婦には興味を示さず、日本兵相手の韓国人慰安婦だけを問題にしようとするのも、女性の尊厳に興味がない証拠だ。奴らは、日本人が加害者で韓国人が被害者の図式が欲しいだけだ。

慰安婦問題とは、韓国人慰安婦の問題ではなく、反日のために朝日新聞が韓国人慰安婦の話を捏造し、戦争の時代を生きた女性たちの尊厳と名誉を踏みにじった問題なのだ。

posted by らいと at 22:44| 否民主党&マスゴミ

2014年06月11日

韓国が安全軽視なのは、反日だからだよ。

あえて言おう、韓国の旅客船が沈没したのは反日のせいだと。
無理やりこじつけてるわけではなく、韓国の反日と安全無視の社会の根っこにあるのは同じものだ。
韓国が正直さや実利を重んじる国なら、安全無視の風潮はなくなると同時に嘘で塗り重ねた作り話を根拠にした反日政策のおかしさに気付くだろう。
反日と安全無視は、セットなのだ。

韓国の新聞では安全軽視の風潮を反省するような記事が相次いでいるが、反日を辞めない限り、韓国は変わらないと断言できる。
大型デパートが崩落して500人超の死者を出したのは19年前だが、あれから何も変わっていない。500人死んでも変われないのだから、300人で変わるはずがない。
しかも、反日病は、19年前よりひどくなっているのだから、安全国家を目指したところで、掛け声だけで終わるのは目に見えている。

沈没船事故と反日に共通するキーワードは、嘘と被害者意識だ。
韓国人は、見栄っ張りというよりも、見栄えさえ良ければすべて良しみたいな価値観だ。地道な努力をせずに手っ取り早く評価を得ようと、見た目や肩書きを大きく豪華にみせることに執着する。そして、見栄のために嘘をつき、自らを立派に見せようと自画自賛する。整形大国なのも納得だ。

沈没船の名前にもその見栄っ張りで自画自賛な気質は現れている。
造船強国だのと豪語するわりに、自国では旅客船を製造できない。さらには日本の中古船を違法に増築したあげく「世界を超越する=世越号」という大仰な名前をつけて「豪華客船」として運航する図々しさは、たまたまこの船会社のオーナーが見栄っ張りだったからではない。
小さい朝鮮半島のさらに半分の分断国家なのに、「大韓民国」なんて身の丈に合わない国名をつけてしまうセンスからして、韓国人にとっては普通のことだろう。

反日の根拠になっている韓国の歴史観も見栄による嘘と自画自賛で埋め尽くされている。
東アジアの極貧国だった事実を受け入れられず、朝鮮は古代から世界でも有数の文明国家だったかのような妄想を抱いている。日本からの多額の金でなしえた経済発展も「漢江の奇跡」などと自力で発展したかのように思い込んでいる。

韓国人は、見栄と自画自賛によって自らの評価を上げようとするだけでなく、被害者ズラで他人に責任転嫁し、他人の評価を下げることにも余念がない、
事故から一ヶ月が経った頃、なぜか大統領が全責任は自分にあるとして、国民に謝罪する羽目になったが、民間の船が起こした事故で大統領が涙を浮かべて謝罪する様は異様だ。
犠牲者の多さや事故によって露呈した数々の不正から政治の責任を問う声が出るのはわからなくはないが、大統領に謝罪を要求するところに韓国人の卑屈さが表れている。
これは、ただの売春婦に対して日本政府が謝罪して当然だと思う韓国人の卑屈さと無関係ではない。

大統領が全国民に謝罪するわけは、韓国人がみな被害者ズラしているからに他ならない。
日本に対しては、被害者ズラの韓国人の代表として、反日発言ばかりしていた朴大統領だが、国内問題においては、被害者ズラの韓国民に加害者に吊るし上げられてしまったわけだ。

韓国人にとっての原因究明は、「誰のせいか」を明らかにし、被害者の地位を獲得することにある。被害者になることは、他人に責任転嫁すると同時に加害者に無理強いできる権利をゲットすることとイコールだ。
また、相手に謝罪させることで、自分のほうが優位であるかのような勘違いをするので、謝罪させる相手が、大物であればあるほど、韓国人はエキサイトする。
朴大統領は、今回の事故に関して数度謝罪しているが、一度目は謝罪の仕方がなっていないと責められ、次は謝罪のタイミングがなっていないと責められている。
被害者になれば言いたい放題だ。被害者はおいしいのだ。
だから、被害者としての地位を継続するために、何度でも謝罪を要求する。

韓国が日本に対していつまでも被害者ズラなのも同じ理由だ。被害者という地位にいつづければ、日本に対して永遠に無理強いできると思っている。
一度済んだ話を蒸し返すのも被害者としての地位を継続させるためだ。
だから、韓国人は、嘘をついてでも被害者であろうとするのだ。
慰安婦の嘘つきばあさんがいい例だ。

安全対策に必要不可欠なのは、現状認識だが、現実逃避のための嘘と妄想がはびこる韓国には到底無理だ。
実際、沈没船事故後の対応は、斜め上なことばかり。
日本の風習である修学旅行を行ったのが問題だったとして、韓国の小中高の修学旅行が当面禁止になった。
まともな国なら、船舶や交通機関の安全確認を徹底するところだが、反日バカ国家のすることは意味がわからない。
また、被害者家族には、生涯にわたって保障が受けられる法律を作るなんて言い出してるのも意味がわからない。
再発防止より被害者を満足させることに目が向くのは、被害者が勝者になれる韓国らしい対応なのかもしれないが。

沈没船の逃げた船長、儲け主義の船会社、救助活動が出来ない海運警察、そして大統領。
韓国人は皆、自分は安全軽視の韓国社会の被害者であって、加害者ではないと思っているようだが、彼らを批判する資格のある韓国人はいない。被害者の家族でさえ、加害者の韓国人を責める資格はないと思う。
なぜなら、嫌韓な自分から見れば、彼らは韓国人らしい韓国人だ。たまたま無責任で不誠実な人が集まったわけではない。平均的な韓国人なのだ。

中身が空っぽでも見栄えされよければ簡単に評価される社会。
大きな声で嘘をつき、被害者ズラで他人を責め立てる者が勝つ社会。
正直ものがバカを見るだけでなく、ねじ伏せられる社会。
現実から目をそらし、願望が実現したかのように捏造する社会。
それが韓国だ。

そんな国だから、いつまでも反日でいられる。
そんな国だから、いつまでも安全対策は無視される。
韓国同様、反日の中国も人の命が軽い。
反日国家である限り、韓国人の命が尊重されることはない。
正直者の韓国人より嘘つきの韓国人が尊重されるのだから。

posted by らいと at 23:34| 嫌韓ですけどなにか?

2014年03月09日

日本でユダヤ人差別が起こりえない理由

日本の図書館でアンネの日記が大量に破られるという奇妙な事件が起きた。
どう考えても、慰安婦問題をホロコーストと同一視しようとする最近の韓国の動きと連動している。
その証拠に、韓国に同調する日本の反日マスコミから、すぐに「右傾化している日本には、ネオナチが〜」からの「嫌韓はネオナチと同じだ〜」という論調の記事が出た。
韓国や中国の新聞でも、「日本の右傾化=ネオナチ化が原因」みたいな記事が出ている。わざとらしいにもほどがある。
韓国人が、自分たちをユダヤ人と同等扱いしたがっているという話は、一つ前の記事に書いたが、「アンネの日記」を韓国人と結びつけるのは、韓国人と反日左翼だけだ。普通の日本人には思いつかない。

韓国では、学生が図書館にある地図の「日本海」と書いてあるところに「東海」と書いたシールを貼る運動をしている。日本の図書館でも同様の活動をすべきだと主張しているようだが、自分達が認めたくない本の記述を勝手に書き換えてしまえという発想は、韓国人の記録や歴史的資料を蔑ろにする態度と図書館の図書という公共物に対する道徳心のなさをよく表している。
こういう行為を悪いと思わない韓国人なら、アンネの日記を破るぐらい屁でもないだろう。

韓国人や朝日、毎日などの反日マスコミは、日本にはネオナチがたくさんいることにしたいようだが、日本にはネオナチは存在しようがない。なぜなら、日本人はユダヤ人がわからないのだから。

どういうことかというと、日本人にとって「○○人」というのは、どこの国の人かでしかなく、民族とは結びつかないからだ。
今、日本ではちょっとした外国人タレントブームだが、外国人タレントの紹介で、ユダヤ人と紹介される人を見たことがない。
日本在住のユダヤ人もいるだろうが、イスラエルから来た人なら「イスラエル人」だし、アメリカから来た人なら「アメリカ人」だ。「ユダヤ」という国がないのだから、日本ではユダヤ人と紹介されることはないのだ。
欧米人は、名前でユダヤ系かどうかがわかるようだが、日本人にはわからない。
ブラジルに住む日本人を「日系ブラジル人」と言うが、日本に住むブラジル人を「ブラジル系日本人」とは言わない。在日ブラジル人だ。
日本国籍を取得していれば、外国出身の人でも日本人だ。
日本人と外国人の子供を、ハーフと呼ぶが、どこ系のハーフかを日本人は区別しない。
日本人は民族や人種単位で人を見ない。
だから、日本ではユダヤ人差別は起こりようがない。
誰がユダヤ人かわからないのだから。

唯一、日本でユダヤ人を嫌っているのは、反日&反米の左翼連中だ。なぜなら、連中の口癖は「ユダヤの陰謀」だからだ。
左翼が、郵政民営化も大地震もなんでもかんでもユダヤの陰謀のせいにするのは、ユダヤ人に対するヘイトスピーチじゃないのかと思うのだが、なぜかマスコミが問題視したことはない。
だから、アンネの日記破損事件を「韓国の陰謀」だと書いても、問題にならないはずよね。
posted by らいと at 19:45| 嫌韓ですけどなにか?

2014年03月08日

ユダヤ人に憧れるみじめな韓国人

韓国は、慰安婦問題を蒸し返せば、日本から永遠に金をせびれると思っていたようだが、もはやその手は通用しない。
韓国のしつこさと傲慢さのせいで、日本では韓国をつけあがらせた元凶である河野談話を検証する流れが出来た。
韓国は「河野談話を検証すると日本は国際社会から孤立するぞ」とわけのわからないことを言っているが、事実関係を検証されて何か困ることでもあるのか(笑)。

韓国人というのは、劣等感の塊なので、自分たちの主張が通らないとわかると、「虎の威を借る狐」のごとく力の強い国や人に頼ろうとする。告げ口外交がその最たるものだが、慰安婦とは関係ないアメリカに慰安婦像を建てて、アメリカ人を味方につけたつもりでいる。
最近は、ユダヤ人を味方につけようと、慰安婦問題をホロコーストと同等扱いしはじめている。

給料もらってた売春婦とガス室送りになって命を落とした人たちを同等に考える韓国人の度を越した被害者意識と自己憐憫の強さは病的だ。
韓国は、「嫌韓は日本が右傾化しているせいだ⇒安倍政権はナチスと同じだ⇒韓国人はユダヤ人と同じ被害者だ。」という図式をあてはめて、韓国人とユダヤ人を同等扱いにしようとしている。
実際、韓国では「アンネの日記」が世界記録遺産に登録されているから、慰安婦記録も世界記録遺産にしようとか言い出している。本当に慰安婦記録と呼べるものがあるなら、慰安婦証言の証拠として、出せばいいんじゃないの?
あ、世界記録遺産用にこれから作るのか(笑)。

韓国人が慰安婦問題をアジア版ホロコーストなどと言い出すのは、日本をナチスと同一視する目的以上に、ユダヤ人になりたい韓国人の願望のせいだと思う。
ユダヤ人は、優秀でノーベル賞受賞者が多く、良くも悪くも世界を裏で牛耳っているようなイメージがある。また、ナチスのせいで、ユダヤ人を批判するのはタブーのような雰囲気もある。
一方、韓国はノーベル賞もとれず、先進国にもなれず、韓国は日本の兄だから、日本より偉いと威張ったところで、国際的な影響力は、日本に遠く及ばない。
だから、韓国人はユダヤ人みたいになりたいんだろうと思う。世界で一目おかれる民族に。

韓国人の嘘が国際的に広まることで日本への悪影響を心配をしている人もいるが、韓国人の稚拙な嘘を信じるようなアホな外国人は、ほっとけばいいと思う。
少し前まで、生魚を食べる日本人は、「アンビリーバボー!」だったわけだし、今でもクジラ猟をする日本人は野蛮扱いだ。芸者と売春婦の違いもわからないだろうし、欧米人が考える日本人なんてもともと偏見に満ちている。

それに、慰安婦とホロコーストの犠牲者を同等扱いして、あとあと困ったことになるのは、ユダヤ人の方だ。
韓国の嘘つき売春婦のせいで、工場で働いていた勤労奉仕団体だった女子挺身隊が売春婦と混同されるようになったのと同じように、ユダヤの女性は、みな売春していたことにされるだろう。
そんなバカなと思うだろうが、韓国人の嘘は、誇大妄想に基づいてどんどん膨張する。
ユダヤ人ととともに韓国人もガス室送りになったと言い出したとしても驚かない。
韓国人の卑劣さと異常性は、実際に絡まれた国の人間にしかわからない。
そうなってから、韓国人の言うことを信じた浅はかさを思い知ればいいと思う。
日本は、冷静に反証を重ね、韓国の嘘を暴けばいいのだ。
posted by らいと at 13:36| 嫌韓ですけどなにか?