2014年08月11日

朝日新聞こそが女性の尊厳を踏みにじっている

日新聞は、吉田清治の証言に基づいて、韓国人慰安婦に強制があったとする自らの記事を事実ではなかったと認め記事を取り消すと言い出した。
だが、あくまでも自分達は、嘘を見抜けなかった被害者であり、記事は捏造ではなく誤報だと言い張っている。
謝罪する気も無ければ、反省する気も無い。嘘つき男の吉田清治はすでに死亡、記事を書いた植村隆とか言う記者は退社済みだ。STAP論文の捏造問題より大きい問題だが、会見すらしないで済ますつもりらしい。

そして、朝日とお友達の毎日新聞などの反日マスコミや市民団体という名の反日団体、そして韓国の新聞は、まるで事前に打ち合わせでもしたかのように同じ論法で朝日の捏造記事を擁護している。
それは、朝日新聞の韓国人慰安婦に関する記事に嘘があっても、女性の尊厳と名誉が傷つけられたことに変りはなく、日本の道義的責任は免れない、という論点そらしだ。

だが、女性の尊厳と名誉を踏みにじっているのは、慰安婦を反日のネタに利用している朝日新聞や反日連中の方だ。もし、朝日新聞に女性の尊厳を守る気があれば、慰安婦だった女性を表舞台に引っ張り出して嘘を言わせたりしないからだ。

朝日新聞は、韓国人慰安婦の「母親にキーセン(慰安所)に売られた」という証言を「女子挺身隊の名で強制連行され慰安婦にさせられた」と変えて記事にした。
親に売られたと話した韓国人慰安婦は、記事を書いた記者である植村の義理の母親なのだが、植村は、義母が話した内容では、日本のせいにできないと判断し、証言を捏造したのだろう。義母の証言内容を変えて記事にしたのは、どう言い訳しても捏造だ。
慰安婦も始めは本当のことを言っていたが、嘘を言ったほうが周囲が褒めてくれるので嘘をつくようになったということだ。朝日新聞のせいで、韓国人慰安婦は嘘つきになったといえる。

そして、朝日は、慰安婦の数をインパクトのある数にするために、20万人とされる女子挺身隊の数をそのまま慰安婦の数にカウントし、「女子挺身隊の名で強制的に連行された」と捏造した。
女子挺身隊は、勤労奉仕団体なのだが、朝日の捏造記事のせいで、工場で働いていた女性も実は慰安婦だったと誤解されることになった。朝日は、女子挺身隊だった女性たちの尊厳と名誉も傷つけている。
朝日は、当時の研究が不足していたせいで混同しただのと言ってるが、嘘の上塗りだ、だいたい、女子挺身隊だった人がほとんど慰安婦だったのなら、工場で働いていた女性たちはなんだったんだということになる。それとも、工場はもぬけの殻だったとでも言うのか?

慰安婦問題の嘘がネットを通じて広く知られるにつれ朝日新聞や韓国などの反日連中は、作り話の内容を少しずつ変えて論点をずらそうとしてきた。
従軍慰安婦という言葉そのものが、戦後になって作られた言葉だということがばれると、従軍慰安婦という言葉を使わなくなった。日本軍が強制的に慰安婦にした証拠がないと指摘されると、強制の有無は関係ないと言い出した。
そして、慰安婦問題は、女性の尊厳と名誉の問題だと言い出し、慰安婦という言葉の代わりに性奴隷という言葉を作り出した。

朝日新聞や韓国は、アメリカに慰安婦像を建て、国連の人権弁務官に「日本は戦時中の性奴隷に対する対応を怠っている」と言わせて、慰安婦から性奴隷への言い換えと慰安婦問題の女性の尊厳の問題へのすり替えに成功したと思っているだろう。
だが、ここにも連中の女性の尊厳に対する無神経さが現れている。
反日バカには、姓奴隷という言葉のデリカシーのなさと、性奴隷と呼ばれることになる女性に対する配慮がまったくないからだ。
そこにあるのは、日本人に卑劣な性犯罪者のレッテルを貼るためには、より卑猥でショッキングなイメージの言葉を使えばよいという下衆で浅はかな考えだ。そこに慰安婦だった女性に対する配慮はまるでない。

例えば、女性を長年、監禁していた男が逮捕されたとしよう。その事件を報道する際、「被害女性は、男に性奴隷のような扱いを受けていた。」と書くメディアがどこにあるのか。それが事実だったとしても、そのようなデリカシーのかけらもない言葉を使うべきではないことぐらい常識のある大人ならわかる。
「性奴隷」という言葉を思いついてドヤ顔してること自体、下衆な証拠なのだ。

本来なら、年頃の娘が親に売春宿に売られるという話は、女性の権利や尊厳が蔑ろにされていた話として充分なはずだが、朝日新聞や反日連中はそう思わない。
だから、「日本兵」「女子挺身隊」「20万人」「強制的」「拉致」といった言葉で話しを盛ったのだ。
親に売られた娘というだけでは同情する気も無いのだろう。
その事実が、連中の人権意識の欠如を物語っている。
そして、強制性が否定された今となっては、ただの職業慰安婦は、奴らにとってなんの価値もなくなった。だから、彼女たちを性奴隷に格下げした。

反日連中が日本人の慰安婦や米軍相手の慰安婦には興味を示さず、日本兵相手の韓国人慰安婦だけを問題にしようとするのも、女性の尊厳に興味がない証拠だ。奴らは、日本人が加害者で韓国人が被害者の図式が欲しいだけだ。

慰安婦問題とは、韓国人慰安婦の問題ではなく、反日のために朝日新聞が韓国人慰安婦の話を捏造し、戦争の時代を生きた女性たちの尊厳と名誉を踏みにじった問題なのだ。

posted by らいと at 22:44| 否民主党&マスゴミ

2013年05月12日

民主党や左翼が反省できない理由

民主党は、「とことん話し合ってみたい。何がそんなにダメだったのか。」と銘打った公開大反省会を開いた。
こういうところがダメなのよね(笑)。
この期に及んでまだ反省点がわかってないのがダメだし、反省会なのに「話し合ってみたい」と書いてしまうあたりが、反省する気ゼロ。
反省点を指摘されても、民主党的話し合いという名の言い訳をするんだろうと思っていたら、その通りだった模様(笑)。

なぜ、民主党がこんなにもダメダメなのかといえば、アンチ思考だから。
左翼マスゴミがまともな記事を書けない理由もアンチ思考だからだ。
民主党も左翼も、アンチ自民党、アンチ安倍、アンチアメリカ。
そしてアンチ日本。
別の言い方をすると、反自民、反安倍で反米、反日だ。
左翼が「配慮しろ、怒らすな」と気を遣う韓国、中国、北朝鮮は反日国家だ。

アンチのもとになっているアンチテーゼの意味を辞書で調べると「ある理論・主張を否定するために提出される反対の理論・主張」とある。
アンチは、常に対象を否定することから始まるのだ。
相手の言動を細かくチェックしては、いちいちそれを否定する。
それがアンチの生きがいだ。

民主党の反省会が反省会にならないのは、反省点を否定することから始まるからだ。
だから、アンチ思考の民主党が反省する日は永遠にこないのだ。
反日マスゴミはもちろん、反体制=アンチ体制であることが是だと思っている左翼が反省する日も来ない。自分たちを批判するものは、すべて否定される。
左翼の連中がよくいう「話し合い」とは、相手を否定するための文句を一方的に言う場でしかない。だから、反日国家の韓国、中国、北朝鮮との対話などするだけ無駄なのだ。

自分を否定する人間と仲良くなれるはずがないし、他人を否定してばかりいる人間が嫌われるのは、当たり前だ。
最近、反日左翼は、韓国に対するヘイトデモを取り締まろうと必死だが、普段から頭ごなしに日本人を否定している連中が、韓国人を嫌うのは差別だと主張したところで説得力はない。
デモをしてる「在日特権を許さない市民の会」に対抗して反日左翼が作った会の名称は、「レイシストをしばき隊」だ。
「許さない」に過激さはないが、「しばき隊」は暴力的で過激だ。どっちが問題なのかは、言うまでもない。
自分都合で、他人をレイシスト呼ばわりしたあげく「しばき隊」という名称をつけて正義の味方のふりができると思ってんだから、左翼は馬鹿だ。
「在日をしばき隊」という名称だったらOKってことだから、デモの際は「在日朝鮮人をしばけ!」とプラカードに書けば問題ないはず(笑)。

posted by らいと at 19:16| 否民主党&マスゴミ

2012年12月19日

偏狭な左翼はいらない。

野党に転落した民主党が最初に決めたことは、代表選挙の延期。
民主党お得意の先送りか。
これが野田が言ってた決断力ってやつ?(笑)

結局、日本の政治の問題は、自民党以外の党が反日左翼政党ばかりで、メディアが反日左翼ばかりなこと。
今回の選挙で、維新の会とみんなの党が議席を増やしたので、保守の野党が育つことに期待しよう。
そして、民主党とともに社民党と共産党も解党しろ!

民主党が野党に転落したとはいえ、まだ参院選も残ってるし、民主党が野党として残ることも許しがたいので、このブログのタイトル欄にある「民主党は早くつぶれろ!」を「反日政党と反日メディアは早くつぶれろ!」に変更した。

ポンコツ左翼メディアは、安倍自民が圧勝したことをどうしても認めがたいようで、「自民党は勝ったが、積極的な支持を得たわけではない」だの「今回は、熱狂を感じない」だのと、「自民党はそんなに人気はないはずだ」と自分に言い聞かせている。
むなしくないのか(笑)。

アメリカでは、ブッシュ元政権時の元上官が「アメリカの一部新聞が安倍氏に「危険な右翼」のレッテルを貼ったのは、安倍氏をとにかく憎む朝日新聞の手法を輸入している。今後は避けるべきだ。」と語っている。
朝日新聞の感情的な安倍憎悪はアメリカにもばれている。
そろそろ、朝日新聞は「我々が安倍氏を憎悪する理由」について説明すべきじゃないのか?
単なる政治的なスタンスやイデオロギーだけとは思えないのよね。
あまりにも感情的すぎて。

もうこれからの日本に反日左翼メディアの居場所はないように思う。
日本の左翼は、ネット世論を味方につけられなかった。
脱原発バカの左翼の連中がツイッターに集ってるけど、井の中の蛙状態で世論が見えていない。
だから、脱原発派がツイッター上ではたくさんいるように思うのに、選挙で支持されないのはおかしいと思っている。
「今回の選挙結果は、民意とかけはなれている」なんてアホなことを書いてるやつもいた。
選挙結果が民意じゃなかったら、なにが民意だ。

左翼は、偏狭なナショナリズムと言う言葉が好きだけど、偏狭なのは左翼の方だ。
自分と違う意見を認めない。
自分に賛同する人を良心的だと言い、自分と異なる意見を正さねばならないと言う。
韓国側が主張する「正しい歴史認識」とやらもそうだけど、自分が正しくて相手が間違っているという前提で話をする。
だから、話し合いなど無駄なのだ。
1+1=3が正しいと言い張る奴と話し合いなど成立しない。
偏狭な国も偏狭な左翼もこの世にはいらない。

posted by らいと at 22:27| 否民主党&マスゴミ

2012年11月16日

ビジョンもポリシーもない民主党は、これからも嘘をつく

やっと衆院選挙か。
ゴミクズ民主党政権が終わって良い年が迎えられるな。

民主党は、解散が決まる少し前から、支持率を上げようと、2009年のマニフェストの見通しの甘さについて、おわびとか言い出してるけど、おわびごときで支持率が上がると思うなんて、見通しが甘いな。
だいたい、世間が、民主党にむかついてるのは、見通しの甘さのせいではなく、平気で嘘をつくからだ。
マニフェストの嘘は、民主党の嘘の象徴的なものであって、政権与党になってからも、口を開けば嘘と言い訳の3年間。

民主党議員の嘘つき体質は、今後も直らないと断言できる。
なぜなら、連中にはポリシーがない。
解散が決まった途端、離党する民主党議員にしても、自治労、連合、日教組といった左翼団体の支援を受けながら、次の選挙では「中道路線」をアピールするとか言い出すのも、ポリシーがないからだ。
Policyは、「1.物事を行うときの原則や方針」、「2.政治上の方策、政策」だが、民主党と民主党議員には、人としても政党としても守るべきポリシーがない。

そのことは、レンホーの発言でもわかる。
「厳しいご意見、提案、ご指摘をいただきました。数字の見通しを猛省した上で、良い国を創る、住みやすい日本に、といった検証不可能な公約の時代に戻したくないと思います。」
これは、解散が決まる少し前、マニフェストの達成状況を報告する民主党の会合の後のレンホーのツイッターでの発言なんだけど、やっぱりこの女は頭が悪すぎる。
レンホーは、「良い国を創る、といった検証不可能な公約」を否定してるけど、ここに民主党のポリシーのなさと嘘つき体質が凝縮されている。

「良い国を創る」というスローガンを掲げた上で、「良い国とはどういう国なのか?」、そして「そのためには何をすべきか?」を考え、具体的な政策を練っていく。
これが政治のあるべき姿。
自民党にいられなくなった出来損ないと旧社会党や日教組上がりの左翼と似非保守の吹き溜まりの民主党は、党のポリシーというべき綱領を作れない。
これは、具体的な政策を立てるにあたっての、目指すべきビジョンがないということ。
民主党は、「見通しが甘いせいで、達成できなことをマニフェストに書いてしまった。」と悪気はなかったかのような言い草だが、見通し(ビジョン)が甘いんじゃなくて、民主党にはそもそも見通しがないのだ。

だから、その時その時で、世間受けのいい具体的な政策、というよりあったらいいなの願望を並べ立てることしかできない。
大局的なビジョンのない民主党は、具体的なことしか言えないのだ。
レンホーが「大局的な見通し」については何も言わないくせに、「数字の見通し」なんて言葉を使うのもその一例だ。
数字を出せば、具体的になるからだ。
そして、具体的であることにこだわるのは、嘘つきだからだ。
嘘は、具体的であればあるほど、ホントっぽく見せることができる。

実際、民主党のマニフェストの嘘は、具体的だった。
「高速道路の無料化」、「ガソリンの暫定税率撤廃」、「一人当たり月2万6千円の子ども手当」。
「高速道路料金を安くします。」だと、「いくら安くなるんだ?」と思うし、50円ぐらい安くなっても、あまりありがたみはない。
でも、「無料」と言われれば、考えるまでもなく0円なわけだから、バカやケチは飛びつく。
「子育て支援の拡充」と書かれても、具体的にどういう支援があるのかわからないし、自分に直接的な恩恵があるかどうかわからない。でも、子ども一人当たり月2万6千円もらえると言われれば、「うちならいくらもらえるわ〜」と計算してみたりする。
他のことで金をとられて、トータルの収支がマイナスになっても、高速道路が無料だったり、毎月子ども手当が口座に入ってれば得したと思えるバカが、民主党政権を誕生させたのだ。
具体的な金額が示されているから、何かその数字には根拠があるはずだと信じる人も多いが、投資詐欺だって、具体的な金額を示すだろう?
「○円投資すれば、△円は確実に儲かりますよ。」とか、「毎月○%の高配当!」とか。
具体的であることは、根拠がある証拠にはならないのだ。

自民党の安倍総裁は、「私達は、日本を取り戻すための戦い、そう位置づけています。我が党は、この選挙戦において、私達の理念に基づいた政策を堂々と訴えていきたいと思います。」と総選挙に向けた決意を述べている。
強い経済を取り戻す、外交の建て直し、教育の再生の3つを主軸に訴えていくようだけど、「私達の理念に基づいた政策」という言葉が肝だ。
これが言えるのは、党の綱領があって、党として訴えるべきビジョンとポリシーが明確だからだ。
政党なら当たり前なんだけど、民主党は、この当たり前のことが言えない。
党の綱領がない民主党は、誰が党首になっても、「私達の理念に基づいた政策を堂々と訴えていく」ことができないのだ。
口に出さないだけで、「弱い日本を創る」ことがポリシーなのかも知れないけど。

民主党は、選挙向けの新たなマニフェストを作るだろうが、マニフェストに何が書いてあっても、ビジョンとポリシーのない民主党は、政党としての存在価値がないのだ。
大事な一票を投じる価値などない。

posted by らいと at 22:32| 否民主党&マスゴミ

2012年09月29日

安倍総裁誕生は、リトマス試験紙。

安倍総裁誕生で、予想通り左翼がキーキー言ってる(笑)。
野党の党首になっただけなのに、総理大臣になったかのような慌てよう。
安倍さんが総理大臣だった時もあの手この手でバッシングしてたので、こうなることは目に見えてたけど、安倍総理再びにならないように今からバッシングしてる感じ。
そのバッシング手法は、相変わらず二枚舌でワンパターン。
安倍アレルギーのバカをチェックするためのリトマス試験紙は、下の言葉を使うかどうか。
「世襲はよくない!」
「右翼化が心配だ!」
「庶民感覚がない!」
「前は政権放り出したくせに!」
「お腹痛くて辞めた人(笑)」

「世襲よくない!」を鳩山や小沢にも言ってたならいいけど、こいつらには言わないからね。
自民党の議員に対してしか言わない。
自分は政治家として有能なら、世襲かどうかは関係ないと思うし、ずるいとも思わない。
無能な1世より有能な2世が政治家になるのがふさわしい。無能な2世はいらないけど。
だいたい、世襲議員って言い方がおかしい。
親が議員だというだけで、選挙もせずに議員になれるなら「世襲」と言っていいと思うけど、そういうわけではない。
親が子供を議員にしたくても選挙で勝てなきゃ議員になれない(菅直人の息子みたいに)。
「地盤を継ぐから同じことだ!」というのなら、赤の他人でも地盤を継ぐのは禁止にしないと意味がない。
子供じゃなくても、誰かが後継者として地盤を継ぐことが多いわけだから。

「右翼化する!」に対しては、なんで右翼化したらいけないんだよと言い返すだけ。
これを書くのは左翼だから、政治が左翼化していることは問題視しない。
朝日新聞とか毎日新聞は、「左翼新聞の朝日(毎日)です」と名乗るべき。
左翼マスゴミが右翼を悪者扱いしてきたせいで、右翼はやくざみたいに思ってる人が多い。
そもそも、何が左翼か右翼かわかっていない人が多い。
一概には定義できないけど、右翼が軍国主義で、左翼が平和主義だというのは当てはまらない。
だって、日本の左翼は、北朝鮮とか中国みたいな軍国主義の非民主国家を支持してるんだから。北朝鮮や中国が核実験やっても怒らないけど、日本が核武装について議論するだけで怒るのが、日本の左翼。

早速、安倍さんが3500円のカツカレーを食べたからって、庶民感覚がないと批判してる連中がいるけど、セレブ鳩山は?
ま、鳩山の場合、庶民感覚以前に、人間感覚がないけど(笑)。
だいたい、どうして政治家に庶民感覚が必要なのか?
庶民感覚で防衛とか経済を語ってもらっちゃ困るのよね。
それに左翼の言う庶民感覚の政治家って菅直人とかでしょ?
いらねー(怒)。

安倍さんに対して、「政権を放り出した」というけれど、安倍さんが総理大臣だった頃、マスゴミは二言目には「解散総選挙しろ!」だった。
辞めなきゃ「政権にしがみついている」と文句言ってたはず。
そして、安倍さんの病気をネタに「お腹痛くて辞めちゃった」とか言う人間は、本当に人間のクズだと思う。
同じ病気の人に対する配慮や思いやりのかけらもない。
もし、野田総理が安倍さんと同じ病気で、自民党の議員がそれをネタにバカにするようなことを言ったら、絶対に問題発言だといってる。
麻生さんが「アルツハイマーでもわかる」と発言したときは、失言だと騒ぐのに、自分たちは、本人の病気の症状をネタにしてあざ笑う。学校でうんこした子をからかう小学生みたいなレベルの低さ。
マスゴミのこういうところが虫唾が走るぐらい大嫌い。
マスゴミは、病気で総理を辞めたことを非常識みたいに言うけど、小沢が「病気で食後は仕事ができないから」という理由で、国会を休んでばかりいても問題視しない。病気で昼に働けないならとっとと引退しろよ。

マスゴミの下衆っぷりは、安倍さんが総理大臣だった頃(2007年)と変わらない。
だけど、当時は、この下衆なマスゴミの安倍バッシングに嫌悪感を抱かず同調する人が多かった。麻生バッシングも同様。
消えた年金問題は安倍さんのせいではなく、社保庁や公務員のせいなのに、マスゴミの安倍バッシングに煽られて、公務員の労働組合である自治労の支持を受けている民主党に投票したバカが多かった。
公務員がバックにいる民主党が公務員改革なんてするわけないだろ!
安倍さんに対して、「ボンボンだ」、「経験がない」だのとイチャモンつけてたら、「真性のボンボン鳩山由紀夫」とか「あれもこれも未経験なくせに、知ったかぶりでろくなことしない菅直人」が総理大臣になった。

あの頃、マスゴミに同調して、「安倍さんじゃ、頼りない」とか言って、民主党を支持してた奴は、今どんな気持ち?
今のマスゴミの安倍さんに対するレベルの低いイチャモンをどう聞いてる?
もし、今のマスゴミの安倍さんに対する論調のレベルの低さがわかるなら、どうして昔はわからなかったのか?
答えは、マスゴミと同じレベルだったから。
下衆だったってこと。
下衆な悪口に乗っかって、日常の鬱憤を晴らした気になってただけ。
政治家にストレスをぶつけても、よい結果を生まないことは、民主党政権でわかったと思いたいけど、まだわからない奴は、橋下維新に期待するのか?
橋下さんは、国政には向かない。政治的なポリシーがあるわけではなく、個人的な正義感で動いてるだけだから。
国政は、プロの政治家じゃないと困る。特に外交と防衛。素人政治は民主党で懲りただろう?

posted by らいと at 09:08| 否民主党&マスゴミ