2011年03月28日

へ?放射性物質を気にしている人はダイオキシンも気にしてんの?

石原東京都知事が震災被害と原発事故に見舞われた福島市を訪問して、福島県産の農産物は東京が引き受ける、と約束してきたというニュース。麻生元首相も相馬市の避難所を慰問、相馬市産の野菜を食べて過剰反応は控えるようにアピールしてきた。
福島産のものをなるべく買ってあげたいけど、流通しなかったら買えないな、と思っていたところだったんだけど、石原さんがこういう約束をしてきたってことは、ちゃんと流通させるってことだろう。

麻生さんや石原さんのすることなすこと気に入らない連中は、年寄りが食べても意味のないパフォーマンスだ、というけど、民主党支持者の多くを占めている左翼の団塊バカも60オーバーの年寄りなのだから、気にせず食べれば?
実際、いい年した大人がパニックにならなければ風評被害は大きくならない。でも、風評被害を大きくするのは、たいていジジババ。

つい先日、東京の浄水場から乳児が飲用を控える暫定規制値を超える放射性ヨウ素が検出されて、水の買占め騒動が起きたけど、この数値は欧米なら基準以下のレベル。仮に基準を超えても致死量なわけではない。
それに今の日本の基準はあくまでも「暫定」基準なので、正式な基準値ではないし、今後は欧米並みの基準になるだろう。
消費期限切れの食品と同じで、期限を過ぎたからって、直ちに腐るわけではない。自分は消費期限が1、2日過ぎたパンでも気にせず食べるけど、気にする人は食べない。
でも、何を恐れているのかよくわからない(笑)。

小さい子供がいる家庭が過敏になるのは多少理解できるけど、いい年して微量の放射性物質にビビッてる大人はおかしい。
中年以降は、微量の放射線による被ばくを心配する必要はまったくない。
なぜなら、放射線の内部被ばくによる甲状腺がんの発生に予防的効果がある安定ヨウ素剤の服用対象者は、40歳未満(妊婦は除く)と決まっているから。
すなわち、40歳以上では、放射線被ばくで甲状腺がんになるリスクがないってこと。
これだって、服用「「基準」なので、39歳なら甲状腺がんになるってことではない。

生きている人間が死ぬ確立は100%。この世に生を受けたその瞬間から、死へのカウントダウンは始まっている。
自分がいつ何の理由で死ぬかなんて知らない。でも、遅かれ早かれ死ぬのは確実。
正直、今回の原発事故の放射能漏れの影響で病気になる心配をしている人は、自分は不死身だと思って生きてるんだろうか、と不思議に思う。
「直ちに影響はない」という文言を「いずれは影響があるってことじゃないのかー」とヒステリックに受け取る人もいるけど、人間はいずれ死ぬのだ。

何十年の長いスパンで健康に影響があるかもしれないものを数え上げたらキリがない。
食品添加物とか環境ホルモンとか、直ちには影響はないけど、数十年後にはひょっとすると何か影響があるかもしれないことはたくさんある。
魚だって水銀で汚染されているから、妊婦はあまり食べないように指導されているけど、それを理由に妊婦以外でマグロを食べないという人はあまりいない。
中国からの黄砂は有害な化学物質を一緒に運んでくることが問題になっているけど、鳥取で黄砂を含む大気を調べた結果では、ヒ素が22倍、マンガンが13倍、クロムが7倍、ニッケルが3倍、平均より多いことがわかっている。

今は焚き火をしただけで、「ダイオキシンが〜」と苦情がくるので、焼き芋も出来ないご時勢だけど、昔は、小学校にゴミの焼却炉があるのが普通だった。自分の世代は、学校に焼却炉があったせいで、ダイオキシンが発生し放題だったわけだけど、そのせいでガンが増えたというわけでもない。
ダイオキシン自体に発がん性があるのは確かだけど、焼却炉から排出される微量のダイオキシンのせいでガンになることはないとされている。毒性で言えば、食中毒を引き起こすボツリヌス菌の方が強い。
ちなみに脂質に溶けやすいダイオキシンは、肉や魚、乳製品、卵にも含まれている。なので、これらの食品を大食いした日には、一日の健康リスク評価値(摂取しても大丈夫な量)を越える可能性がある。そして、体に入ったダイオキシンは、その量が半分になるのに約7年かかる。
でも、環境庁のHPでは、「この指針値は、これを超えたらすぐに危険というような値ではありません」と書いてある。
今回の放射性物質の基準値の説明と同じだ。
アメリカの環境庁は、「バランスのとれた栄養のある食事の利点は、それによるダイオキシンのリスクを補って余りあるということは強調されるべきである」と言っている。
冷凍毒餃子のように、直ちに健康に悪影響があるものを口にするのは怖いけど、直ちに影響がないのものを怖がっていたら何も食べれないし、呼吸だって出来ない。

結局、人間の健康にただちには影響がないけど、いずれは影響があるかもしれない物質は山のようにあるのだ。
念のためにあれこれ基準を設けているけど、基準以下でも病気になる人はなるし、基準以上でも病気にならない人はならない。
タバコだって発ガン性があるし、塩分だって脂質だって病気の元だ。
人間の健康にとって、リスクがゼロのものを探すほうが難しい。

回転寿司で大食いしている人は、放射性物質の心配よりダイオキシンや水銀の過剰摂取を気にした方がいいんじゃないかと思うけど、気にしてるの?

posted by らいと at 00:05|

2011年03月20日

へっ!「津波は天罰」発言で怒る人は、腹黒なんだよ。

石原都知事が今回の東北関東大震災について「津波は天罰」と発言して非難を浴びて謝罪したけど、この発言に怒る人は、善人ぶっていても腹の中が真っ黒なのだと思う。
自分も「天災は天罰」だと思っているけど、その理由については、3月15日に書いたので割愛。
石原氏の発言も、今回犠牲になった人のせいで天罰が下ったという意味じゃなくて、日本人全体に対する天罰だと言っているから、自分の考えと近いと思う。
実際、今回の甚大な被害は、被災者だけでなく、長く広く日本全体にマイナスの影響を与えるだろう。
そして、口には出さずとも、民主党政権になってからの想定外の災難は、今の日本人や日本という国に対する目に見えない怒り=天罰だと感じている人は少なくないと思う。
個人対個人の報復とかそういうレベルのものじゃなくて、もっと大きな世相や風潮といった人間界に対する自然界の怒りが天罰だと思うのだ。だから今の日本の世相に危機感を持ってる人は、「天災は天罰」発言に腹を立てない。
一方で、「天災は天罰」発言に怒る人がいる。その理由は、天罰に対する考え方の違いだ。

「天災は天罰」発言に怒る人は、「東北の人が何か悪いことをしたとでも言うのか!」と言って怒るけど、その考えが腹黒いことに気付いているんだろうか、と思う。
なぜかと言えば、こういう人は、天罰を必殺仕置き人のように考えている。
嫌いな人間や憎い人間を、自分の代わりに懲らしめてくれるのが天罰だと思っている。なんという他力本願。
しかも無料で。なんという厚かましさ。
自分の個人的な恨みつらみを晴らすために天が味方してくれると思っている。何様のつもり?

そして、間違いなく、「あいつに天罰が下ればいいのに」と思う対象が身近な所にいる。
だから、「天災は天罰」という発言を聞くと、自分がそれを望んだと思われているような気がして、後ろめたいのだ。
自分は決して、今回の大震災の犠牲となった人たちに対しては天罰を望んでいない、ということを主張するために猛烈に抗議するのだ。
実際、石原発言に怒る人の意見には、「石原さんや東京都民がかわりに天罰を受ければよかったのに」といった内容が多い。
天罰を自分の都合で発動できると思っている。
天罰が個人的に発動できるものだという前提なら、今回の犠牲者の中にも他人の恨みを買うような人もいただろう。
でも、天罰を下すかどうかは、天が決めることであって、人間が決めることではない。
他人に天罰が下ることを望むことが腹黒いのだ。
石原氏は、我欲にまみれた日本人への天罰だと言っていたけど、この発言に怒ること自体、我欲にまみれている証拠だ。自分が望めば、他人に天罰が下ると思うのは我欲そのものだ。

「天罰」という言葉から因果応報を連想する人も多いと思う。
掲示板の2ちゃんねるをあれこれ見ている時に、因果応報について云々するスレッドを見つけて読んだことがある。
中身は「自分をいじめてた奴が、大人になったら引きこもりになってた」とか「病気になった自分に嫌味を言った人間が同じ病気になった」とか、因果応報の話というよりも、「嫌いなあいつはその後、不幸になりました。めでたし、めでたし」な話ばかりだった。

因果というのは、文字通り原(因)と結(果)のこと。因果応報を辞書で引くと、前世における行為の結果として現在の幸不幸があり、現世の行為の結果として来世の幸不幸があるという仏教の考えとある。考えというか教えだ。こう教えることで、よい行いをするように諭すわけだ。
仏教的な考えでは、悪いことに限定されていないし、現世の因果は来世にならないとわからないんだけど、一般的には、2ちゃんねるのスレッドのように、悪いことをすると生きてるうちに天罰が下る、みたいな意味にとる人が多い。そして、その「悪いこと」を「自分に嫌なことをした」にすり替えて、自分に嫌なことをする人には天罰が下る、と都合よく解釈している。
そのスレッドを読んでて思ったのは、他人に因果応報や天罰を望む人間は、もれなく意気地なしだということ。そして、意気地がないのを「他人を傷つけたくないから」とか「相手と同じ土俵に乗りたくないから」とか言い訳している。
敵対する人物と勝負するチャンスはあったのに、そこから逃げて、ただ腹の中で「天罰が下ればいいのに・・・」とウジウジ思っている。
他人に嫌なことを言われて腹が立ったのなら、怒ればいい。「言いたいように言わせとけ」と思えるなら度量が広いといえるけど、そうでなければ反撃するべきだ。それで、敵が増えたとしても、腹が立つなら怒ればいいのだ。腹は立つけど、嫌われたくないから我慢するのは、ただのへたれであって、優しさではない。ましてや、意気地なしの自分の代わりに、天に罰を与えてもらおうなんて虫が良すぎる。
自分は、他人に天罰が下ることを望んだことはない。それは、聖人君子だからではなく、売られたけんかはきっちり買うからだ。
天罰は、腹黒な意気地なしのためにあるのではない。自分の恨みは自分で晴らせよ。
posted by らいと at 12:11| Comment(0) |

2011年03月16日

へー。募金方法も進化してるんだな。

今日の東京は、風がものすごく強くて冷たい。強風で電車が止まった路線もあるようだ。
明日あさっても寒いようだけど、被災している人のためにも早く暖かくなってほしい。
というか温暖化はどこ行ったのよ!

日本赤十字社宛に東北関東大震災の義捐金を寄付したけど、募金方法に時代を感じてしまった。
募金というと、コンビニやスーパーの店頭で募金箱に入れる、または郵便振込みの二つが代表的。
募金箱だと小銭がメインな感じなので、1万円以上は入れにくい。
郵便振込みは郵便局の窓口までいかなくてはいけないし、窓口は待たされるので面倒くさい。
日本赤十字社のホームページを見てみたら、クレジットカードでも募金できると書いてあってびっくりした。
Pay−Easy(ペイジー)でも募金できると書いてあったので、この方式で募金してみることにした。
ペイジーというのは、公共料金や通販の料金等をインターネットバンキングやATMから支払えるというもの。
コンビニ・郵便局で利用できるタイプの払込用紙に書いてある収納機関番号などをネットバンキングで入力すると、自分の口座から直接支払いができる。ATMなら現金支払いも可。振込みは、相手先の銀行によっては手数料が発生するけど、ペイジーだと手数料はなし。相手先の銀行を選んで、支店名を選んで・・・という面倒もないので、慣れれば振込みより簡単。
郵便局の窓口は待たされるし、コンビニもあまり行かないし、支払いのためだけに、コンビニ行くのが面倒な時は、ペイジーを利用している。

どうやってペイジーで募金するんだろう?と思ってやってみたけど、大まかな流れは以下の通り。
日赤のホームページで氏名住所等を入力、募金金額を入力すると、ペイジーで支払う時に必要な収納機関番号、お客様番号、確認番号が表示される。
これをメモって、ペイジーが使える金融機関から支払いをする、という方法だった。
自分で自分用のペイジーの払い込み用紙を作成するような感じだ。自分は三菱UFJ銀行のネットバンキングで支払った。
募金金額を自分で入力するので、ここで0の数を間違えてしまうと大変なことになるから注意が必要。
50000円のつもりが、5000円になってしまったのならまだいいけど、500000円になったら大変!
なるべく多く募金してあげたいとは思うけど、50万も募金する余裕はさすがにないので、何度も0の数を数えてしまった。
金額間違えたら、あとで修正とかできるのかしら?

ファミリーマートでも店内に設置されているファミポートという機械を使って、東北関東大震災の募金ができるようだ。こちらは500円から1万円まで500円刻みの金額で募金できる。1万円以下のお札を募金する人は利用すると便利かもしれない。
もちろん、小銭でも多くの善意が集まれば、価値はお札と同じだから、遠慮せずに募金箱へ。
ポイント募金なんていうのもあるけど、これは自分が募金するというより、ポイント発行会社が客の替わりにポイント分のお金を募金するってことよね。なんか微妙。

今日の防災対策。
大震災発生から、仕事に行くときには、ペットボトルの水を持参しているけど、他の人に水を分けてあげなきゃいけない場合もあるかもしれない?と思いたった。
でも、すでに口をつけた後なら、そのまま渡すのはためらわれるし、一本全部あげてしまうほど寛大ではないので、旅行用の携帯コップを持参することにした。
都内は、トイレットペーパーやティシュペーパーが品切れ状態。うちはまだ在庫があるけど、今のうちに古着をティッシュサイズに切っておこう。汚れをふいたり、鼻をかんだりするのに使えるし、食器をあらかじめ拭いてから洗うと、節水にもなるから、断水時に便利。
都内は、乾電池も品切れ。無線マウスの電池がすぐになくなってもったいないので、有線マウスに戻した。停電になったら、パソコン自体使えないんだし。
posted by らいと at 20:51|

2011年02月28日

へん!アラフォー女にかわいさを求める社会にノーを言うべき

少し前に、「アラフォーの前髪パッツンは鬼門」というタイトルの記事を書いたんだけど、それ以来、「前髪+アラフォー」とか「パッツン+アラフォー」とかで検索してくる人が結構いて、ちょっとびっくり。江角マキコの名前もちらほら。
アラフォー世代は、やっぱり前髪が気になるのか。
「私も前髪パッツンにすれば若く見えるかも?」と思って、このブログを覗いたアラフォー女子(笑)は、さぞかしがっかり、いや、ムッとしているかもしれない。

若さにこだわるのは何も日本人だけではない。しわとりだとかボトックスだとかのアンチエイジング技術は欧米の方が進んでいる。
でも、欧米人の中年女と日本の中年女は求める若さが違う気がする。欧米人は、あくまでも成人女性としての若さを求めているけど、日本人は少女的な若さを求めている気がするのだ。

そう思ったきっかけは、イギリスのドラマ。
CSでやっている「ルイス警部」というイギリスの刑事ドラマが好きなんだけど、その最新回で日本のドラマではありえないキャラクターが登場した。どうありえないかというと、還暦ぐらいの年齢の女性がビッチ!な設定だったのだ。
一応、35年前に一斉を風靡した人気バンドの女性ボーカルという設定なので、おばあちゃんという雰囲気ではなく、メイクも髪型も派手で、いい女風ではあるんだけど、若くは見えない。60歳になったブロンディのデボラ・ハリーみたいな感じ。
で、事件の日のアリバイを聞かれて「その時間なら誰々と寝てたわ、その後は誰々と寝たわ」とか答えるわけ。
この回は「甦った伝説のロッカー」というタイトルなので、あえてぶっ飛んだ設定だったんだろうけど、日本では、たとえドラマでも、こういうキャラクターの女は登場しないと思う。
「バーナビー警部」という同じくイギリスのドラマも、30年前に人気だったロックバンドのメンバーが事件に巻き込まれるという話だった。イギリスでは、「老いたロッカー」を登場させるのが流行ってるのか?
バーナビー警部でも、バンドのボーカルは、ケバい化粧の50代後半くらいの女。他の男のメンバーも、若気の至りを省みることなく老いた感じで、ロックミュージシャンは年取ってもろくなもんじゃない的な扱いだった。50代のおっさんとおばさんのベッドシーンもあった。日本だったら、すっかり太ってしまった現・沢田研二とケバイ化粧の夏木マリのベッドシーンを見る感じ(笑)。
過去には、若いツバメ(愛人)を囲っている50ぐらいの金持ちの女に、若い刑事が聞き込みにいってメロメロになってしまうなんてエピソードもあった。日本だと、若い刑事が中年の女に色目を使われて苦笑い、みたいなシーンはありがちだけど、逆はあまりない。
何がいいたいかというと、イギリスでは男でも女でも、恋愛において若さは重視されていないということ。

日本では中年以降の恋愛は、「いい年してみっともない」という空気があって、ドラマであっても、美人で若く見える人に限って大目に見てもらえる感じがある。
2時間ドラマなんかだと、エロ爺さんが20、30代の若い女を愛人にしている話はよくあるけど、40オーバーの愛人はあまり出てこない。女が40オーバーの恋愛ドラマの場合は、男が年下でイケメンなのがお約束。
40オーバーで同世代の男女の恋愛ドラマの場合は、やたらとプラトニックを強調する筋書き。簡単には関係をもたないという「大人の恋愛」を描くことに主眼が置かれてしまう。
どうも、日本では「大人の恋愛=プラトニック」な図式になっているけど、本来は「少年少女の恋愛=プラトニック」だったはず。いつからこうなったんだろう?

日本のドラマでは、いい年した女が、かまととぶることを強要される。「大人かわいい40代女子」を目指すべきだと煽るマスコミとそれに踊らされる中年女。
でも、それでいいのか?
アラフォー女は、女にいつまでもかわいさを求める風潮に怒るべきじゃないのか?
日本の男は「大人の40代女性」には興味を示さないが、「かわいい女子」には飛びつく。だからって、中年女が「大人(かわいい)40代(女子)」を目指さなければいけない理由はない。女に若さ、というより幼さを求めるロリコン的な男の価値観に合わせる義理もない。
現代日本は、女が強くなったというものの、依然として、男の好みに合わせるのは女の方なのだ。男女平等だとか言う前に、女の方が男の好みに合わせなくちゃいけない風潮をなくす方が先だ。
posted by らいと at 22:01|

2011年01月28日

へ?日本猿を演じたがる韓国猿の不思議

サッカーアジアカップの日韓戦で、韓国選手が日本人を馬鹿にする意味で猿のまねをしたのが問題になってるけど、韓国人って、自分達は日本人とは似ても似つかない容姿だと思ってるの?(笑)
欧米人から見たら、日本人も韓国人も中国人も見分けがつかない。東洋人でひとくくり。
それは日本人が、アメリカ人とイギリス人とフランス人の区別がつかないのと同じ。
「猿」に似ていると揶揄されるのは、東洋人であって、日本人そのものではない。

実際、件の韓国人選手は、セルティックに所属しているそうで、スコットランドでの試合中に観客から猿まねでからかわれたことがあると告白している。そして、その行為に対する抗議の意味で、猿マネをしたと言ってるようだが、同じ東洋人である日本人相手にやる意味がわからない。
「猿に似ているのは、韓国人じゃなくて日本人だ」と抗議したつもりなんだろうけど、見た目はほとんど同じだから(笑)。

韓国人の滑稽なところは、容姿にほとんど差が無い日本人を「日本猿」と言ってバカにしてるのに、ハリウッドでは日本人役を平気でゲットすることだ。韓国人俳優が「日本人」の役を演じることができるのは、欧米人から見たら韓国人も日本人も区別がつかないから。すなわち、韓国人も韓国猿だってこと。

件のサッカー選手は、茶髪でボサッとした髪型でマジで猿っぽい感じ。猿っぽいルックスの韓国人が、日本人を猿みたいだとバカにした気になっている光景は、ものすごく間抜けだ。韓国人が自分達の間抜けさに気付く日は来るのか?来ないだろうな〜。

ついでに言うと、「猿でもわかる○○」というタイトルのハウツー本をなんのためらいもなく買う日本人に「日本人は猿のようだ」と言ったところで、「織田裕二も猿顔だしね〜」、「私、さる年生まれだよ〜」とか明るく返されておしまい。「ゴリラ顔」だとブサイク認定になるけど、「猿顔」はイケメンも多いので怒る人もあまりいないだろう。さる年生まれだからって、バカにされることもないし。そういえば、韓国には干支はないのか?

スコットランドでの出来事が本当なら、彼がとるべき行動は、猿とからかった白人に直接、抗議することだったはずだ。日本人に対しては、こちらに非がないことでもヒステリックに文句を言うのに、白人相手だと正当な理由があっても抗議できないのか?
本当に韓国人って内弁慶ならぬ、日本弁慶だな。


posted by らいと at 21:10|