2014年09月21日

へん!「結婚したらどう?」を批判する人の矛盾

都議会の議員が「プライベートの場なら、結婚したらどうだと言う」と発言して、また、バカどもが差別だセクハラだと騒いでいる。
少し前にも都議会で、塩村とかいう女性議員に「早く結婚しないのか」と野次がとんでマスコミが大騒ぎしていたが、議事の場で野次として発言したのは問題かもしれないが、発言の内容自体はセクハラでもなんでもない。
野次られた塩村議員は、さも日本は女性蔑視のひどい国だいわんばかりに会見を開いていたが、「結婚しないの?」的なことは、男も女も言うし、男も女も言われる。異性に言われるとは限らないし、他人が結婚してるかどうかを気にするのは、どちらかといえばおじさんよりおばさんだ。
おばさんが未婚の人に「結婚したら」と言ってもセクハラ扱いされないのに、おじさんに言われたらセクハラ扱いなのは、それこそ男女差別だ。

以前からおかしいと思うのは、日本は少子化対策がなっていないと文句を言う人間が、この手の発言をタブー視することだ。少子化対策の観点から言えば、「結婚したらどうだ」発言は歓迎すべきだろう。なぜなら、少子化対策とは、国が「結婚したらどうだ」を政策にすることだからだ。

昔の人は、みながみな結婚したくてしていたわけではない。年頃になったら見合いしてというかさせられて、本人が気乗りしなくても親同士がOKなら結婚は決まったりする。「ゲゲゲの女房」の水木夫婦もサザエさんもお見合い結婚だ。2時間ドラマで人気の「浅見光彦シリーズ」では、昔は見合いを勧められるシーンがお約束だったが、そういや最近はないな。

マスコミは、幼児虐待問題や子育て支援の話になると、地域社会とのつながりや地域の見守りが必要だと言い出す。
「地域社会とのつながり」の具体例は何かと言えば、おせっかいなご近所さんのことだ。
ご近所に結婚適齢期で未婚の人がいれば、「結婚しないの?」、「いい人紹介するわよ」といそいそと話かけてくる人だ。
昔は、職場にもおせっかいな人が多かった。会社の上司に勧められて見合い結婚した人も多いだろう。
こういうおせっかいな人がいなかったら、昔だって未婚の人が多かったはずだ。昔の人の結婚は、半強制的なものなのだ。

「結婚したらどうだ」を問題視するバカの言い分に「余計なお世話だから」というのがあるが、他人に聞かれることの大半は、余計なお世話だ。
「休みの日はどこに行った?」「恋人はいる?」「子どもは何人?」etc。全部余計なお世話だ。
でも、少子化対策が必要だと思うのなら、「結婚したらどうだ」と無遠慮に聞くおじさん、おばさんを許容しなければおかしい。こういうおせっかいや余計なお世話を認めずに、少子化対策の重要性を云々するのは矛盾している。

家や子孫繁栄のために結婚する時代ではない。だが、年金問題が深刻になるにつれ、子どもが少ないと親世代を支えられないと言う。そのためには出生率を上げねばならず、少子化対策が重要だと言うわけだが、これは国のために子孫繁栄が必要だといっているのと等しい。
「親のために早く結婚しましょう」と言ったらセクハラだと非難されるのに、「国のために早く結婚して子どもを産みましょう」なら少子化対策だからOKというのはおかしい。

テレビでは、結婚できない男性タレントとか女性タレントというくくりのバラエティ番組も多い。最近見たテレビでも、「結婚しないの?」とよく聞かれる芸能人として井森美幸と島崎和歌子がインタビューを受けていた。
「結婚しないの?」がセクハラなら、この手のテレビ番組もダメってことになる。
マスコミは、「結婚したらどうだ」を自民党叩きに使いたいようだが、これを問題視するなら、テレビのバラエティ番組も問題視しろよ。
posted by らいと at 11:03|

2013年07月14日

へん!共産党にブラック企業を批判する資格はない!

ワタミグループの前会長渡辺氏が参院選の自民党候補に決まってから、突然始まった渡辺バッシング。
すんごく胡散臭い。
渡辺氏以上に胡散臭い。
2011年に東京都知事選に出馬したときは、アンチ石原なマスゴミ連中が持ち上げていたし、その後も、大阪府、大阪市の特別顧問とかになってるけど、バッシングはなかった。
この人は、バッシングどころか、成功した若き経営者としてずっとマスコミに持ち上げられてきた。テレビ番組にコメンテーターとして出演することも多かった。
自分は、ワイドショーや情報番組でよく見るマスコミ御用達の非芸能人(経営者とか教授、ジャーナリスト)は信用しないようにしてるので、個人的に渡辺氏は好きではない。
自分には胡散臭い作り笑顔にしか見えないが、世間的には穏やかそうな人に思われてるだろう。

それが、突然バッシングされる側になったのはなぜか?
ワタミのせいで娘が自殺したと主張している親が、渡辺氏を公認候補からはずせと自民党に抗議にいってるけど、なんで自民党に抗議するのか意味がわからない。自分が嫌いな奴が立候補するからといって、党に抗議に行くのは筋違いだ。こんなことで立候補が取りやめになったら、「選挙制度」が無意味になってしまう。
ホリエモンが自民党から立候補した時だって、賛否が多かったが、立候補させるなと自民党に抗議した人はいない。
だいたい、無所属だったら、どこに抗議に行くつもりだったのか。

何か不自然だと思ったら、バックにいるのが共産党だった。
共産党は、渡辺バッシングとワタミに対するブラック企業のレッテル張りに熱心だ。「自民党は、ブラック企業対策に弱腰だ」と、ブラック企業対策を選挙の争点にしようとしている。
なんか、「派遣村」の時と似ている。派遣切りは、自民党のせいで、自分たちは、派遣切りにあった可哀想な労働者の味方です、ってポーズ。ブラック企業の悪印象を自民党にかぶせるのが目的だ。

断言しよう!
渡辺氏が自民党以外の党から立候補していたらバッシングされていない。
共産党は、渡辺氏が都知事選に立候補した時は、何してたの?

そもそも、共産党にブラック企業とやらを批判する資格はあるのか?
あるわけがない。
ブラック企業の問題は、人件費が安いことや労働条件が悪いことにあるだろうが、人件費を上げるために、サービスの価格を上げたら、真っ先に文句を言うのは、共産党だ。
「庶民の暮らしが圧迫されてる〜」って言うに決まってる。
ニュース番組でも、原材料の価格が上がっても、「お客様のために」価格を据え置きにしています、という飲食店を取り上げている。
低価格を追及しなければ、客のことを思っていないかのような雰囲気を作ってるのは、メディアや左翼だ。
アベノミクスで高級品が売れても庶民には恩恵がないと言うが、金持ちが買うものを作ってるのも金持ちだと思ってるのだろうか?

スーパーでは、豚肉や鶏肉より牛肉のほうが割高なのに、牛丼は貧乏人の食べ物になってしまった。牛丼が280円で食べられなくても死にはしない。
吉野家は余計なことをしたと思う。
自分は、牛乳を底根で買わないようにしている。(特別高いのを買うわけでもないけど)
安すぎるものは、安すぎる人件費に支えられている。
ワタミが成功したのも、低価格だからだ。
低価格でなければ、企業努力が足りないと言うくせに、人件費が安いのはひどいと言う。
共産党のような左翼政党は、企業は利益ばかりを追求するなというが、儲からなければ、従業員の給料も上がらない。

共産党は、政党助成金をもらっていないのが自慢のようだが、ならばどこから金を調達しているのか?
共産党は、ポストにビラが入る頻度が他党より多い。共産党は、選挙じゃない時でも、駅前でマイクで演説してることも多い。どう考えても金も人手も多く使っている。
表向き、機関紙や個人献金が資金源となってるが、その活動が、支援者の手弁当で成り立っているのはよく知られている。
左翼や市民団体は、手弁当で協力してくれる支援者がいることを美談のように言うが、自分たちは、他人のただ働きを当てにして活動してるのに、ブラック企業の人件費が安いことに文句をいうのはおかしい。
共産党が、本当に労働者のためを思うなら、すでにワタミの会長でもない渡辺氏の悪口を吹聴するより、ブラック企業の従業員にストライキの仕方でも教えてやれば?

自民党嫌いで民主党にも維新にも失望した人で、共産党に投票する人が増えてるなんて記事を見るけど、共産党は、社民党同様、日本のための政党ではないということをお忘れなく。
選挙公報に「アメリカの言いなりをやめ、基地も安保もない日本をめざし、平和に貢献」と書いてある。米軍基地や安保をなくして、喜ぶのは中国だ。ブラック国家中国のいいなりになるのは真っ平御免。
ブラック国家のいいなりの政党にブラック企業を批判する資格はない。
posted by らいと at 20:45|

2013年03月20日

へん!おそろいにこだわる格差脳は、いじめの元凶

キスマイヲタの格差脳は、デビュー前は格差がなかったと言い張るけど、少し前に『少年倶楽部』でデイブレイカーって曲をABC−Zってグループと一緒に歌ってるジュニア時代の映像を見たけど、この時も3:4じゃん。
違うのは、玉森が4のほうにいて、千賀が3のほうにいること。
衣装が一緒だったというんだろうけど、衣装が一緒だろうが一緒じゃなかろうが、3:4で歌割、カメラ割りに差があるのは事実。
でも、格差脳にとって重要なのは、とにもかくにも衣装が同じか否かなのだ。このあたりが、格差脳が浅はかで狭量な理由。

そもそも「おそろいの衣装じゃなければかわいそう。」と思う感覚がよくわからない。
自分は、学生時代、制服が嫌いだった。それは制服のデザインのせいではなく、全員同じ服を着せられるのが嫌だったからだ。
でも、いまどきは、学校の制服を着せられることになんの抵抗もない人が多い。志望校を制服のデザインで決めるような子も多い。リボンを大きくしたぐらいで、個性を出したつもりになっている。
AKBを筆頭に18歳オーバーのアイドルも制服みたいな衣装を着ている。世の中、おそろいであることに慣れすぎているのだ。

街で自分と同じ服やバッグを持ってる人とバッタリ遭遇したら気まずいと思う人が多いはずだ。なのに、なぜおそろいにこだわるのか?
格差脳の言い分をながめていて、気づいたのは、同じ服であることが、同じグループの証だと思っていること。逆に言うと、同じ服でなければ、同じグループとは認められないと思っているということ。
これは、いじめっ子の理論だ。
みんなと同じものを着たり、持ったりしていなければ、それだけで仲間はずれの動機になってしまう。

今も昔も、「友達が持ってるから」という理由で親におねだりする子供は多い。友達が持ってるのを見て、単に自分も欲しいと思っただけなら問題ないが、「みんなと同じものを持たなければ、仲間はずれにされる。」と思ってるなら問題だ。
そう感じてしまう側にも、そう感じさせてしまう側にも問題がある。
「みんな白系のファッションなのに、なんで黒なの?ダサいよ。」
「え〜!まだ買ってないの?この中で持ってないの、まる子だけだよ〜。」
こういうことを平気で言うし、そう言われる側にならないように仲間の目を気にして生きている。
おそろいの服を着ていれば安心だ。格差脳は、そう信じている。

格差脳が、ツイッターで共感乞食になるのもいじめっ子的だ。
「キスマイやセクシーゾーンに格差をつけるジャニーズ事務所はおかしい。共感する人RT」とかやってる。
仲間を作ることに必死な人間は、仲間じゃない人を排斥することにも必死になる。そうやって、周囲の人間を味方と敵に分けていく。味方にならない奴は、すべて敵なのだ。中立はない。
仲間なら、みな同じ物を持ったり着たりするはずだと思っている。キスマイは、同じ服を着たいのに、着せてもらえないと思っている。キスマイは、私服だったらおそろいなのかよ。

こういう人がいるから、いじめはなくならないのだ。ドラマ「夜行観覧車」でも、町内会の意地悪婆が、着物で集まる会にひとりだけ洋服で来た新人りをいびっていた。洋服で来るように仕向けたのはその婆なんだけど。
いじめっ子にとって、服の違いを指摘することは、仲間はずれを知らせる最もわかりやすい方法なのだ。
でも、同じ服を着ていなくても仲間は仲間。そう思える人間のほうが健全だ。
「なんでみんなと同じ服じゃないの?」と嫌みったらしく言う奴がいたら、「おそろいにこだわる様な心の狭い人間にはなりたくないからね。」と答えることにしよう。

posted by らいと at 21:10|

2013年02月22日

へ?寒すぎてそっぽ向かれるフジテレビ

視聴率不振から脱却しようと始めた新番組がこけ続けているフジテレビ。
上から目線でだめなところを考えてあげよう!

映画監督の是枝脚本と久々の山口智子と宮崎あおいの出演が売りだった阿部寛主演の「ゴーイングマイホーム」は5%を切るときもあるほどの低視聴率で大コケ。
かつての人気番組再びを期待したアイアンシェフも大コケ。
「世界は言葉でできている」とか言う気取った大喜利見たいな番組も大コケ。
共通するのは「上から目線ですかしてるのにダサい」こと。

是枝監督は、海外の映画祭で受賞歴があるというだけで、業界人やサブカル好きが持ち上げるけど、ヒット作があるわけでもないし、知らない人のほうが多いだろう。山口智子も宮崎あおいも、もったいつけてドラマに出てなかったけど、ドラマにめったに出ない女優がドラマに出てありがたがるのはテレビ局だけで、視聴者にとっては別にありがたくもなんとも無い。
エンタメ色の強い映画より、海外の映画祭で評価される映画を撮りたがるすかした映画監督と作品選びにこだわりがあるらしいすかした女優(笑)。
業界が過大評価している人間をキャスティングすれば、茶の間が喜ぶと思うセンスが古いし傲慢。視聴率が悪くても「わかる人には評価された。」とか言ってそう。

今のフジテレビの「上から目線ですかしてるのにダサい」感じを象徴しているのが、平日夜11時台の「COOL TV」というコンセプト。
「ヌメロン」「オデッサの階段」「テラスハウス」「キャサリン三世」「TOKIOカケル」という番組名もすかしてる。
「ヌメロン」は、「クイズ数字を当てろ!」、「テラスハウス」は、「ありのりシェアハウス編」とかでいいんじゃないかと思う。わかりやすい番組名をつけるより、かっこいい番組名をつけようと必死になった結果、意味不明の番組名になってしまった感じ。

フジテレビによると「COOL TV」は、「感度の高い若者に支持されることを目指すオリジナリティあふれる番組とデジタルとのコラボ」がその中身らしいのだが、政府がクールジャパンを推奨する時代に、「クール」とか言い出すセンスの古さとともに、テレビ局がお茶の間より上だと思っている傲慢さが隠せていない。
フジテレビを見る若者は、「感度の高い若者」ということにしたいようだけど、たかがテレビを見るのにどんな感度が必要なのか?
フジが想定している「感度が高い若者」がどういう若者なのか知らないけど、フジテレビデモをするような反韓流の若者は含まないんだろう。フジテレビを嫌ってる奴は感度が低いとでも思ってそうだ。

「オリジナリティあふれる番組」ともあるけど、オリジナリティは感じられない「キャサリン3世」は、「グータン」の焼き直しだし、他もどこかで見たことがあるような番組を気取った演出で作り直したような感じ。

なにより「COOL」という言葉にオリジナリティのかけらもない。その理由は、フジテレビの長寿番組にある。
フジの看板番組の「めちゃめちゃイケてる」は、正式の番組名に「WHAT A COOL」がついている。めちゃイケの放送開始は、1996年。
17年前に始まった自分のところの看板番組のタイトルに「COOL」とついてるのを知らないのか?
それとも、17年前のクールと今のクールは何か違うのか?
1996年のテレビを調べたら、山口智子とキムタクの「ロングバケーション」がこの年。「スマスマ」もこの年から始まっている。フジテレビがブームを引っ張っていたと言える時代だ。
だから、フジテレビにとって「COOL」は、「栄光の日々」を思い出させるのかもしれない。でも、そんな懐古主義のCOOLが、かっこいいわけがないし、新しいわけがない。フジのCOOLは、寒いのだ。

過去の栄光にしがみつき、上から目線で「感度の高い視聴者」とやらを選り好みするフジテレビが再浮上する日は遠いな。

posted by らいと at 21:46|

2012年10月15日

へん!インチキ研究者に発表の場を与える学会って何?

森口氏の研究発表の捏造事件で、森口氏を責めるのは酷だという意見がちらほらあるけど、マスコミ憎しで、森口氏がやったことを矮小化するのは筋違いだ。
飲み屋で大ボラ吹いただけなら、社会的に責めを負う必要はないかもしれないが、実在する学者や病院の名を使って虚偽の研究成果を学会や新聞で発表していたわけで、騙された新聞社が悪いで済ませるのは大問題だ。

なにより彼には、悪意がある。勢いで嘘をついたり、うっかり間違えたわけでない。
やってもいない研究をそれらしくまとめ、学会に発表する手はずを整え、新聞にとりあげてもらうべく、自ら新聞社に連絡をしている。
研究データの数値をごまかすとかではなく、研究自体やっていないのだから、始めから世間を欺くための研究発表なのだ。一つも擁護できる点はない。
世間の注目を浴びるのは彼自身が望んだことだ。彼の思惑と違った形での注目だったとしても、ネタを提供したのは彼の方だ。
住んでる家の家賃が記事になっても文句は言えまい。
嘘がばれていなかったら、「家賃6万の庶民派研究員が快挙!」みたいな記事になってた気がするし(笑)。

新聞社が裏を取らずに記事にしたことと、虚偽の研究発表をしたことはそれぞれに別の問題をはらんでいる。
もし、今回の件が大事になっていなかったとしたら、彼は今後もこういう嘘の研究発表を重ねていたはずで、それは見過ごしていい話ではない。

怪しげな健康食品や民間療法の本なんかで、彼の研究成果が紹介されていたらどうだろう?
ハーバード大、東大に所属する研究者が○年に学会で発表した研究に基づいて開発された治療法で云々カンヌンと。
騙される人がいても、騙されるほうが悪いとは言えないだろう。
山中教授のノーベル賞受賞を受けて、山中教授の研究所に寄付する人が増えているようだけど、もし、森口氏の研究発表を元に寄付を募る輩がいたらどうだろう?
寄付する人もいるんじゃないかと思う。
虚偽の研究成果が一人歩きしてしまってから起きるだろうあれこれを考えると、恐ろしい。

もし、彼のような怪しげな研究者がたくさんいて、たいした審査も受けずに学会発表ができて、それが実績とされてしまうのなら、それは彼個人の問題ではすまない。
「学会で発表された」という文言になんの信憑性もないのだとすると、一般人はどんな研究成果も信用できない。
日本人の理科離れを嘆いている場合ではない。
どんな学会にも倫理規定があるはずだ。
他人の論文のパクリは問題になるのに、ゼロから捏造した論文は問題にならないなんておかしい。
研究者の間ではよくある話だったとしても、それでは困る。
東大も所属する研究員の研究活動について、チェックしないのか?

森口氏に騙された新聞社は、なぜ騙されたのかを検証するのはもちろんのこと、彼のようなインチキ研究者の存在がいままで問題とされてこなかった医学界の内情についても掘り下げるべきだろう。
命に関する研究の信憑性を疑わせるような研究者は、社会的に抹殺されて当然だ。

posted by らいと at 00:21|