2013年10月07日

ふむ。アンチと嫌いの違いを考える

観光地で韓国人のツアー客を見るたび、「韓国人は、日本のことが嫌いなのに、なぜ日本に観光に来るのだろう?」と思う。
その答えは、「韓国人は、反日だが嫌日ではないから」が正解だろう。
逆に、韓国を訪れる日本人の数は急減している。
その理由は、「日本人は、反韓ではなく嫌韓だから」だ。
反中、反韓に対して反日はあるが、嫌中、嫌韓に対して嫌日という言葉はあまり聞かない。

「反」と「嫌」は、似ているようでまったく違う。
「反(アンチ)○○」は、そのターゲットである相手の考えや存在を否定する。相手を否定するためには、対象の言動を細かくチェックしなければならない。だから、その対象について興味津々だし、すごく詳しい。

対して、○○嫌いは、対象の言動に関心を向けない。当たり前だが、嫌いだから見たくも聞きたくもないのだ。
自分は韓流が大嫌いなので、テレビで韓国ドラマやK-POPが流れてきたら、すぐにチャンネルを変えるし、韓国よいしょのコメンテーターが出てるテレビ番組もみない。嫌いなものは、避けたいと思うのが普通だ。否定する以前に関わりたくない。

○○嫌いな人は、嫌いな料理が出てきても食べないが、○○アンチは、その料理を平らげた後で、まずいだの高いだのと文句を言う。アンチに「嫌なら食べるな」は通じない。食べたくて仕方がないのだから。

○○嫌いは、それを嫌う明確な理由があり、それ故、関わりたくないというわかりやすい心理が働く。それが原因で相手から嫌われても気にならないどころか、せいせいする。
しかし、アンチ○○は、相手のことを否定しながら、やたらと絡みたがり、かつ、相手に好かれたがる。相手から大嫌いだと言われても、「嫉妬している」とか言い出して、嫌われていることを認めようとしない。
自分が大嫌いな韓国のことをわざわざブログに書くのは、韓国の日本に対する嫌がらせに対抗するためと、この「日本人は韓国に嫉妬している説」に反論するためだ。

嫌韓な自分は、「韓国のここが嫌いだ」と思うことについて書くわけだけど、反日の韓国人は、「韓国が認めたくない日本の成功や評価」について書く。
韓国でオリンピックの開催が決まっても、日本では特に話題にならないが、東京でオリンピック開催が決まると、韓国ではブーイングの嵐だ。歴史を反省しない日本はオリンピック開催の資格がないとか言ってるけど、日本でオリンピックが開催されるのは4回目なんだけど、今更何言ってんだか(笑)。

アンチの心理を簡単に言えば、「相手が自分(や自分が支持している人)より人気があるのが気に食わない」の一言に尽きる。注目を浴びている人気者の存在は、アンチの劣等感を刺激するから、それを否定しないと精神の安定が保てない。
従って、アンチが成立するためには、その対象がアンチしてる人より人気があったり評価されていることが前提だ。
だから、アンチ自民党はいてもアンチ民主党はいない。自民党には、アンチが嫉妬する実績と根強い支持基盤があるが、民主党にはどちらもない。民主党は、ただ嫌われるか、呆れられている。

日本人が反韓ではなく嫌韓になる理由もそこにある。
韓国人が世界が羨むと誇っているものは、どれも日本人にとってはどうでもいいものばかりだ。韓国人は、サムソンの売り上げが自慢のようだが、日本人は、たかが電機メーカーを自慢しない。アメリカ人だってアップル社を自慢しないだろう。
韓国人は、すぐに韓国の優秀性とやらを誇ろうとするが、民族的に優秀かどうかを気にすること自体、無意味であることが理解できない。

相手の悪口を言いながら好かれたがるのが○○アンチ、相手に好かれたくないのが○○嫌いだ。ポンコツ左翼新聞は、「ヘイトスピーチをすると自分もヘイトされるぞ」と言えば、嫌韓が減ると思ってるようだが、そもそも嫌韓派は、韓国に好かれたいと思っていない。
嫌いな奴に好かれることぐらい不快なことはない。
そんな当たり前のこともわからないから、反日左翼も韓国も中国も嫌われるんだよ。

posted by らいと at 23:34|