2013年03月20日

へん!おそろいにこだわる格差脳は、いじめの元凶

キスマイヲタの格差脳は、デビュー前は格差がなかったと言い張るけど、少し前に『少年倶楽部』でデイブレイカーって曲をABC−Zってグループと一緒に歌ってるジュニア時代の映像を見たけど、この時も3:4じゃん。
違うのは、玉森が4のほうにいて、千賀が3のほうにいること。
衣装が一緒だったというんだろうけど、衣装が一緒だろうが一緒じゃなかろうが、3:4で歌割、カメラ割りに差があるのは事実。
でも、格差脳にとって重要なのは、とにもかくにも衣装が同じか否かなのだ。このあたりが、格差脳が浅はかで狭量な理由。

そもそも「おそろいの衣装じゃなければかわいそう。」と思う感覚がよくわからない。
自分は、学生時代、制服が嫌いだった。それは制服のデザインのせいではなく、全員同じ服を着せられるのが嫌だったからだ。
でも、いまどきは、学校の制服を着せられることになんの抵抗もない人が多い。志望校を制服のデザインで決めるような子も多い。リボンを大きくしたぐらいで、個性を出したつもりになっている。
AKBを筆頭に18歳オーバーのアイドルも制服みたいな衣装を着ている。世の中、おそろいであることに慣れすぎているのだ。

街で自分と同じ服やバッグを持ってる人とバッタリ遭遇したら気まずいと思う人が多いはずだ。なのに、なぜおそろいにこだわるのか?
格差脳の言い分をながめていて、気づいたのは、同じ服であることが、同じグループの証だと思っていること。逆に言うと、同じ服でなければ、同じグループとは認められないと思っているということ。
これは、いじめっ子の理論だ。
みんなと同じものを着たり、持ったりしていなければ、それだけで仲間はずれの動機になってしまう。

今も昔も、「友達が持ってるから」という理由で親におねだりする子供は多い。友達が持ってるのを見て、単に自分も欲しいと思っただけなら問題ないが、「みんなと同じものを持たなければ、仲間はずれにされる。」と思ってるなら問題だ。
そう感じてしまう側にも、そう感じさせてしまう側にも問題がある。
「みんな白系のファッションなのに、なんで黒なの?ダサいよ。」
「え〜!まだ買ってないの?この中で持ってないの、まる子だけだよ〜。」
こういうことを平気で言うし、そう言われる側にならないように仲間の目を気にして生きている。
おそろいの服を着ていれば安心だ。格差脳は、そう信じている。

格差脳が、ツイッターで共感乞食になるのもいじめっ子的だ。
「キスマイやセクシーゾーンに格差をつけるジャニーズ事務所はおかしい。共感する人RT」とかやってる。
仲間を作ることに必死な人間は、仲間じゃない人を排斥することにも必死になる。そうやって、周囲の人間を味方と敵に分けていく。味方にならない奴は、すべて敵なのだ。中立はない。
仲間なら、みな同じ物を持ったり着たりするはずだと思っている。キスマイは、同じ服を着たいのに、着せてもらえないと思っている。キスマイは、私服だったらおそろいなのかよ。

こういう人がいるから、いじめはなくならないのだ。ドラマ「夜行観覧車」でも、町内会の意地悪婆が、着物で集まる会にひとりだけ洋服で来た新人りをいびっていた。洋服で来るように仕向けたのはその婆なんだけど。
いじめっ子にとって、服の違いを指摘することは、仲間はずれを知らせる最もわかりやすい方法なのだ。
でも、同じ服を着ていなくても仲間は仲間。そう思える人間のほうが健全だ。
「なんでみんなと同じ服じゃないの?」と嫌みったらしく言う奴がいたら、「おそろいにこだわる様な心の狭い人間にはなりたくないからね。」と答えることにしよう。

posted by らいと at 21:10|