2012年12月19日

偏狭な左翼はいらない。

野党に転落した民主党が最初に決めたことは、代表選挙の延期。
民主党お得意の先送りか。
これが野田が言ってた決断力ってやつ?(笑)

結局、日本の政治の問題は、自民党以外の党が反日左翼政党ばかりで、メディアが反日左翼ばかりなこと。
今回の選挙で、維新の会とみんなの党が議席を増やしたので、保守の野党が育つことに期待しよう。
そして、民主党とともに社民党と共産党も解党しろ!

民主党が野党に転落したとはいえ、まだ参院選も残ってるし、民主党が野党として残ることも許しがたいので、このブログのタイトル欄にある「民主党は早くつぶれろ!」を「反日政党と反日メディアは早くつぶれろ!」に変更した。

ポンコツ左翼メディアは、安倍自民が圧勝したことをどうしても認めがたいようで、「自民党は勝ったが、積極的な支持を得たわけではない」だの「今回は、熱狂を感じない」だのと、「自民党はそんなに人気はないはずだ」と自分に言い聞かせている。
むなしくないのか(笑)。

アメリカでは、ブッシュ元政権時の元上官が「アメリカの一部新聞が安倍氏に「危険な右翼」のレッテルを貼ったのは、安倍氏をとにかく憎む朝日新聞の手法を輸入している。今後は避けるべきだ。」と語っている。
朝日新聞の感情的な安倍憎悪はアメリカにもばれている。
そろそろ、朝日新聞は「我々が安倍氏を憎悪する理由」について説明すべきじゃないのか?
単なる政治的なスタンスやイデオロギーだけとは思えないのよね。
あまりにも感情的すぎて。

もうこれからの日本に反日左翼メディアの居場所はないように思う。
日本の左翼は、ネット世論を味方につけられなかった。
脱原発バカの左翼の連中がツイッターに集ってるけど、井の中の蛙状態で世論が見えていない。
だから、脱原発派がツイッター上ではたくさんいるように思うのに、選挙で支持されないのはおかしいと思っている。
「今回の選挙結果は、民意とかけはなれている」なんてアホなことを書いてるやつもいた。
選挙結果が民意じゃなかったら、なにが民意だ。

左翼は、偏狭なナショナリズムと言う言葉が好きだけど、偏狭なのは左翼の方だ。
自分と違う意見を認めない。
自分に賛同する人を良心的だと言い、自分と異なる意見を正さねばならないと言う。
韓国側が主張する「正しい歴史認識」とやらもそうだけど、自分が正しくて相手が間違っているという前提で話をする。
だから、話し合いなど無駄なのだ。
1+1=3が正しいと言い張る奴と話し合いなど成立しない。
偏狭な国も偏狭な左翼もこの世にはいらない。

posted by らいと at 22:27| 否民主党&マスゴミ