2012年10月15日

へん!インチキ研究者に発表の場を与える学会って何?

森口氏の研究発表の捏造事件で、森口氏を責めるのは酷だという意見がちらほらあるけど、マスコミ憎しで、森口氏がやったことを矮小化するのは筋違いだ。
飲み屋で大ボラ吹いただけなら、社会的に責めを負う必要はないかもしれないが、実在する学者や病院の名を使って虚偽の研究成果を学会や新聞で発表していたわけで、騙された新聞社が悪いで済ませるのは大問題だ。

なにより彼には、悪意がある。勢いで嘘をついたり、うっかり間違えたわけでない。
やってもいない研究をそれらしくまとめ、学会に発表する手はずを整え、新聞にとりあげてもらうべく、自ら新聞社に連絡をしている。
研究データの数値をごまかすとかではなく、研究自体やっていないのだから、始めから世間を欺くための研究発表なのだ。一つも擁護できる点はない。
世間の注目を浴びるのは彼自身が望んだことだ。彼の思惑と違った形での注目だったとしても、ネタを提供したのは彼の方だ。
住んでる家の家賃が記事になっても文句は言えまい。
嘘がばれていなかったら、「家賃6万の庶民派研究員が快挙!」みたいな記事になってた気がするし(笑)。

新聞社が裏を取らずに記事にしたことと、虚偽の研究発表をしたことはそれぞれに別の問題をはらんでいる。
もし、今回の件が大事になっていなかったとしたら、彼は今後もこういう嘘の研究発表を重ねていたはずで、それは見過ごしていい話ではない。

怪しげな健康食品や民間療法の本なんかで、彼の研究成果が紹介されていたらどうだろう?
ハーバード大、東大に所属する研究者が○年に学会で発表した研究に基づいて開発された治療法で云々カンヌンと。
騙される人がいても、騙されるほうが悪いとは言えないだろう。
山中教授のノーベル賞受賞を受けて、山中教授の研究所に寄付する人が増えているようだけど、もし、森口氏の研究発表を元に寄付を募る輩がいたらどうだろう?
寄付する人もいるんじゃないかと思う。
虚偽の研究成果が一人歩きしてしまってから起きるだろうあれこれを考えると、恐ろしい。

もし、彼のような怪しげな研究者がたくさんいて、たいした審査も受けずに学会発表ができて、それが実績とされてしまうのなら、それは彼個人の問題ではすまない。
「学会で発表された」という文言になんの信憑性もないのだとすると、一般人はどんな研究成果も信用できない。
日本人の理科離れを嘆いている場合ではない。
どんな学会にも倫理規定があるはずだ。
他人の論文のパクリは問題になるのに、ゼロから捏造した論文は問題にならないなんておかしい。
研究者の間ではよくある話だったとしても、それでは困る。
東大も所属する研究員の研究活動について、チェックしないのか?

森口氏に騙された新聞社は、なぜ騙されたのかを検証するのはもちろんのこと、彼のようなインチキ研究者の存在がいままで問題とされてこなかった医学界の内情についても掘り下げるべきだろう。
命に関する研究の信憑性を疑わせるような研究者は、社会的に抹殺されて当然だ。

posted by らいと at 00:21|