2014年12月31日

嫌韓の次にくるのは、嫌左なのよ

今年一年の時事ネタを総括すれば、「今年も左翼はアホだった。」の一言で済む、というかここ何年も同じ状況なので、日本では「左翼=アホ」の図式が出来つつある。

左翼のアホなところを数え上げたらきりがないが、最大のアホさは「現状認識力の欠如」にある。
現状認識ができないから、いつまでもアホをさらしている。
例えば、この間の衆院選挙がらみでも、左翼の言動はアホの極み。
口を開けば、安倍政権は独裁的だ、国民を無視していると言うくせに、いざ選挙となったら、「この選挙には大義がない」と言う。いくら自分達に勝ち目がないからって、びびりすぎ。
胡散臭いNPO団体の大学生が小学生になりすまして「どうして解散するんですか?」なんてわざとらしいサイトを作って、「大義のない解散総選挙をする安倍政権はひどい」キャンペーンを仕掛けるも、なりすましがばれて即終了。
選挙後は、投票率が低かったから自民党が圧勝したと、まるで投票率が上がれば、民主党に勝ち目があったかのようなことを言うが、民主党は結党して18年も経ってるのに、いまだに無党派層狙いなのがおかしいと思わないあたりがアホ丸出し。

左翼は、嫌韓が増加している理由を日本が右傾化しているせいだと思ってるようだが、この分析力のなさも左翼のアホさをよく表している。
なにより、「韓国嫌い=右翼」と決め付けること自体、「韓国好き=左翼」であることをばらしているわけで、日本の左翼が反日の韓国とグルなのを自ら認めているのに気付かない。

韓国人が嫌われるのに政治的ポリシーなんて関係ない。
嘘つき、二枚舌、自分に甘く他人に厳しい、金に汚い、ヒステリック、約束を守らない、自分が悪くても被害者気取り、自分は悪口を言うが悪口を言われると差別されたとわめく・・・etc。
こんな人間は嫌われて当然だ。

そして、左翼がそろそろ気付くべきは、韓国同様、左翼も嫌われているということだ。嫌われる理由は、韓国と同じだ。
朝日新聞の慰安婦報道取り消し事件は、左翼マスゴミのゴミたる理由を見せ付けてくれた。
記事が嘘=捏造であるのは明白だが、それを認めず、ただのミスだと言い張る。
日本人には過去の戦争について未来永劫謝罪しつづろと言うのに、自称クオリティペーパーとやらのプライドで、現在進行形で捏造偏向記事を書いてることに対して謝罪もしない。それどころか、朝日新聞への批判を不当なバッシングだとぬかして被害者気取りだ。
日本の左翼と韓国人のメンタリティは本当に似ている。

韓国は、スポーツの国際大会でのゴタゴタや沈没船事故、ナッツリターン事件など、非常識でヒステリックな展開で嫌韓派を増やしている。
韓流ブームを仕掛けるには莫大な宣伝費が必要だが、嫌韓ブームは、韓国の国内ニュースを報じるだけで十分だ。「知れば知るほど嫌いになる韓国」とはよくいったものだ。

そして、嫌韓の次にくるのは嫌左だ。そう左翼嫌いだ。
嫌われ者の韓国人と同じメンタリティの左翼が嫌われるのは自然な流れだ。
嫌韓も嫌左も差別ではないし、彼らの言動を批判するのは言論の自由だ。
これを差別だ、ヘイトスピーチだと言い張ること自体が、嫌われる理由だ。

日本は右傾化しているのではない。嫌左化しているだけなのだ。
左翼嫌いがすべて右翼だと思いこむようなアホだから、ますます左翼は嫌われるのだ。
posted by らいと at 00:44| 嫌韓ですけどなにか?