2018年04月20日

ハニトラ女とセクハラ親父のばかしあい

財務官僚にセクハラされたと週刊新潮にチクった女性記者はテレビ朝日の人間だったようだが、こういう女マジで嫌い。
女だから言わせてもらうが、こういう女がいるから、セクハラがなくならないのだ。

スケベ官僚に色仕掛けで近づいてセクハラされたと週刊誌に売る女記者はただのクズ。
それを政局に利用するマスコミと野党はもっとクズ。
セクハラかどうかを決めるのは、マスコミでもなければ政治家でもない。
そもそも、官僚個人のセクハラ疑惑が政治問題になるのがおかしい。
だから、日本の野党はバカだと言われるんだよ!

セクハラの典型例は、上司から部下に対するものだが、記者と官僚は上司と部下の関係ではない。
今回の騒動でもわかるように、力関係でいえば、時にマスコミの方が上だ。
セクハラ疑惑なんてどこにもあるが、スキャンダルにするかどうかはマスコミ次第である。
今回の件で大騒ぎするのも、安倍内閣のネガティブキャンペーンに使えると思っているからなのは明白だ。
渦中の官僚は前からスケベで有名だったなんて話が出ているのがその証拠。
今まで問題視してこなかったのに何を今更だ。

スケベ官僚には下心があっただろうが、女記者にも下心がある。
スケベ官僚と二人きりで酒飲む見返りに情報をとろうとしてたわけだから、言ってみればセクハラ待ちのハニートラップだ。
ハニトラ女とスケベ親父のばかしあいである。

スケベ親父は、情報ほしさに女記者が誘いに乗ってくるのをわかっているし、女記者の方は、スケベ心に漬け込めば何か情報をとれるかもと期待している。
どっちっちもどっちだ。
セクハラの証拠として出している音声テープが合成、編集されていることからも、二人のやりとりを全部聞けばセクハラとは言えない内容なのだろうと推測できる。
スケベ親父も録音しておけばよかったのに(笑)

だいたい、男女が深夜に二人きりで酒を飲みながら話をするのは取材なのか。
取材対象者の男から情報を入手する手段としてこういうことが常態化していたのなら、それはテレビ朝日やマスコミそのものの体質の問題だし、女記者もそこを糾弾すべきだ。
セクハラを官僚個人の人間性の問題だと思っていること自体、報道する側の人間として論点がずれている。
女記者には断る自由があるし、断れないとすればそれは彼女自身の野心のせい。
断って職場での立場が危うくなるなら、それは所属するテレビ朝日のせいである。

当事者の女記者にジャーナリストとしての矜持があるのなら、被害者ズラするのではなく、女を利用しないと仕事で優位になれないような組織や社会を批判するべきである。

posted by らいと at 19:48|