2014年08月23日

バカっぽい:セレブのチャリティーごっこは庶民と無関係

ここ数日で唐突に話題に上がるようになったアメリカンセレブのアイスバケツチャレンジなる奇妙なチャリティーイベント。
ALSという難病の認知度アップが目的で、指名された人は100ドル寄付するか、氷水を頭からかぶりその動画をSNSで公開して、次の人を3人指名するというルール。
難病の認知度アップと氷水をあびることになんの関係があるのかよくわらからないが、この「庶民にはわからない」感じがセレブによるセレブのためのチャリティーイベントの肝なんだろうと思う。

ただの庶民である自分が思うこのチャリティーの奇妙さの一つは、「氷水をかぶるという」行為の意味不明さ。滝修行みたいなつもりなのか、ユーモアのつもりなのか、アメリカンジョークなみによくわからない。
そして、もう一つは、指名制のねずみ講式であること。
指名された人は、寄付か氷水をかぶるかの二択しかなく、強制ではないといいつつ、強制に近い。
おまけに、指名された人は、指名した人に「指名してくれてありがとう」と言わなければいけないような雰囲気すらある。
参加しなければ、難病支援に理解がないと後ろ指をさされてしまうので、体裁を気にする人や人付き合いを気にする人には、拒否するのが難しいチャリティーイベントなのだ。拒否するにしても、納得のいく理由をあげなければ叩かれる。
だから、嫌いな人をあえて指名する奴が出てくる。
みんなの党の議員が、安倍首相を指名したらしいが、こういう嫌がらせに利用される時点で、チャリティーイベントとしては失敗だ。
ねずみ講式に参加者が増えていくのも問題だ。これが問題ないなら、チェーンメールも問題ないってことになってしまう。

アメリカのセレブにありがちな「こんなことをまじめにやる俺ってどうよ!」なおふざけ感と「セレブな俺がセレブなあいつを指名するぜ!」というセレブコミュニティーのアピール。
氷水をかぶるだけの短い動画を公開するだけで、自身の存在感をネットを通じて示すことができ、金持ちの義務ともいえるチャリティーへの参加表明もできる。
庶民には意味不明のチャリティーだが、セレブにとっては、参加するメリットがあるってことだ。浜崎あゆみが便乗したくなるのもよくわかる(笑)。

このチャリティーのルールでは、寄付金は100ドルと決まっている。セレブが寄付する額としては少額だ。
なので、セレブがこのチャリティーに参加する目的は、自身が寄付することではなく、アイスバケツチャレンジ動画を公開して、このチャリティーを宣伝し、庶民に寄付させることにあると見るのが正しいだろう。
よって、セレブじゃない庶民には、アイスバケツチャレンジはする意味がない。このチャリティーに興味をもった庶民は、寄付だけすればよいのだ。

このチャリティーの最大の謎は、なぜ、ALSなのかという点だ。
ALSは、難病として最もよくとりあげられている病気じゃないかと思う。名前は聞いたことのある人が多いと思う。
誰も聞いたことがないような病気なら、セレブが認知度向上に協力するのもわからなくはないのだが、ALSはそうではない。
それに難病支援が目的なら、一時的な寄付金のゲットよりも継続的な寄付が欲しいはずで、アイスバケツチャレンジのような継続不可なチャリティーイベントはそぐわない。それとも、このねずみ講式チャリティーは半永久的に続くのか?

マスコミが突然取り上げる話題には裏があると思うひねくれ者なので、今回のチャリティーをセレブの善行として素直に受け取れない。
寄付や支援を求めている人たちは世界中にたくさんいる。ALSだけがセレブの協力で、膨大な寄付を集められるとなれば不公平だと思う人もいるだろう。

自分は、世界中の困った人たちに施しを与えるほどの財力はないし、薄情な性格なので、基本的にチャリティーには参加しない。たまにコンビニの募金箱に小銭をいれるぐらいだ。
病気や障害の人たちに対する福祉的支援は、本来、それぞれの国が考えるべきことであって、その財源は税金だ。セレブが関心をもつかどうかで、支援内容に差が出るのはおかしい。
セレブが、ALSに特別関心があるのなら、一般人の寄付などあてにせず、1億ぐらいポンと寄付すればいいんじゃないの?
posted by らいと at 15:40|

2014年08月11日

朝日新聞こそが女性の尊厳を踏みにじっている

日新聞は、吉田清治の証言に基づいて、韓国人慰安婦に強制があったとする自らの記事を事実ではなかったと認め記事を取り消すと言い出した。
だが、あくまでも自分達は、嘘を見抜けなかった被害者であり、記事は捏造ではなく誤報だと言い張っている。
謝罪する気も無ければ、反省する気も無い。嘘つき男の吉田清治はすでに死亡、記事を書いた植村隆とか言う記者は退社済みだ。STAP論文の捏造問題より大きい問題だが、会見すらしないで済ますつもりらしい。

そして、朝日とお友達の毎日新聞などの反日マスコミや市民団体という名の反日団体、そして韓国の新聞は、まるで事前に打ち合わせでもしたかのように同じ論法で朝日の捏造記事を擁護している。
それは、朝日新聞の韓国人慰安婦に関する記事に嘘があっても、女性の尊厳と名誉が傷つけられたことに変りはなく、日本の道義的責任は免れない、という論点そらしだ。

だが、女性の尊厳と名誉を踏みにじっているのは、慰安婦を反日のネタに利用している朝日新聞や反日連中の方だ。もし、朝日新聞に女性の尊厳を守る気があれば、慰安婦だった女性を表舞台に引っ張り出して嘘を言わせたりしないからだ。

朝日新聞は、韓国人慰安婦の「母親にキーセン(慰安所)に売られた」という証言を「女子挺身隊の名で強制連行され慰安婦にさせられた」と変えて記事にした。
親に売られたと話した韓国人慰安婦は、記事を書いた記者である植村の義理の母親なのだが、植村は、義母が話した内容では、日本のせいにできないと判断し、証言を捏造したのだろう。義母の証言内容を変えて記事にしたのは、どう言い訳しても捏造だ。
慰安婦も始めは本当のことを言っていたが、嘘を言ったほうが周囲が褒めてくれるので嘘をつくようになったということだ。朝日新聞のせいで、韓国人慰安婦は嘘つきになったといえる。

そして、朝日は、慰安婦の数をインパクトのある数にするために、20万人とされる女子挺身隊の数をそのまま慰安婦の数にカウントし、「女子挺身隊の名で強制的に連行された」と捏造した。
女子挺身隊は、勤労奉仕団体なのだが、朝日の捏造記事のせいで、工場で働いていた女性も実は慰安婦だったと誤解されることになった。朝日は、女子挺身隊だった女性たちの尊厳と名誉も傷つけている。
朝日は、当時の研究が不足していたせいで混同しただのと言ってるが、嘘の上塗りだ、だいたい、女子挺身隊だった人がほとんど慰安婦だったのなら、工場で働いていた女性たちはなんだったんだということになる。それとも、工場はもぬけの殻だったとでも言うのか?

慰安婦問題の嘘がネットを通じて広く知られるにつれ朝日新聞や韓国などの反日連中は、作り話の内容を少しずつ変えて論点をずらそうとしてきた。
従軍慰安婦という言葉そのものが、戦後になって作られた言葉だということがばれると、従軍慰安婦という言葉を使わなくなった。日本軍が強制的に慰安婦にした証拠がないと指摘されると、強制の有無は関係ないと言い出した。
そして、慰安婦問題は、女性の尊厳と名誉の問題だと言い出し、慰安婦という言葉の代わりに性奴隷という言葉を作り出した。

朝日新聞や韓国は、アメリカに慰安婦像を建て、国連の人権弁務官に「日本は戦時中の性奴隷に対する対応を怠っている」と言わせて、慰安婦から性奴隷への言い換えと慰安婦問題の女性の尊厳の問題へのすり替えに成功したと思っているだろう。
だが、ここにも連中の女性の尊厳に対する無神経さが現れている。
反日バカには、姓奴隷という言葉のデリカシーのなさと、性奴隷と呼ばれることになる女性に対する配慮がまったくないからだ。
そこにあるのは、日本人に卑劣な性犯罪者のレッテルを貼るためには、より卑猥でショッキングなイメージの言葉を使えばよいという下衆で浅はかな考えだ。そこに慰安婦だった女性に対する配慮はまるでない。

例えば、女性を長年、監禁していた男が逮捕されたとしよう。その事件を報道する際、「被害女性は、男に性奴隷のような扱いを受けていた。」と書くメディアがどこにあるのか。それが事実だったとしても、そのようなデリカシーのかけらもない言葉を使うべきではないことぐらい常識のある大人ならわかる。
「性奴隷」という言葉を思いついてドヤ顔してること自体、下衆な証拠なのだ。

本来なら、年頃の娘が親に売春宿に売られるという話は、女性の権利や尊厳が蔑ろにされていた話として充分なはずだが、朝日新聞や反日連中はそう思わない。
だから、「日本兵」「女子挺身隊」「20万人」「強制的」「拉致」といった言葉で話しを盛ったのだ。
親に売られた娘というだけでは同情する気も無いのだろう。
その事実が、連中の人権意識の欠如を物語っている。
そして、強制性が否定された今となっては、ただの職業慰安婦は、奴らにとってなんの価値もなくなった。だから、彼女たちを性奴隷に格下げした。

反日連中が日本人の慰安婦や米軍相手の慰安婦には興味を示さず、日本兵相手の韓国人慰安婦だけを問題にしようとするのも、女性の尊厳に興味がない証拠だ。奴らは、日本人が加害者で韓国人が被害者の図式が欲しいだけだ。

慰安婦問題とは、韓国人慰安婦の問題ではなく、反日のために朝日新聞が韓国人慰安婦の話を捏造し、戦争の時代を生きた女性たちの尊厳と名誉を踏みにじった問題なのだ。

posted by らいと at 22:44| 否民主党&マスゴミ