2012年10月15日

へん!インチキ研究者に発表の場を与える学会って何?

森口氏の研究発表の捏造事件で、森口氏を責めるのは酷だという意見がちらほらあるけど、マスコミ憎しで、森口氏がやったことを矮小化するのは筋違いだ。
飲み屋で大ボラ吹いただけなら、社会的に責めを負う必要はないかもしれないが、実在する学者や病院の名を使って虚偽の研究成果を学会や新聞で発表していたわけで、騙された新聞社が悪いで済ませるのは大問題だ。

なにより彼には、悪意がある。勢いで嘘をついたり、うっかり間違えたわけでない。
やってもいない研究をそれらしくまとめ、学会に発表する手はずを整え、新聞にとりあげてもらうべく、自ら新聞社に連絡をしている。
研究データの数値をごまかすとかではなく、研究自体やっていないのだから、始めから世間を欺くための研究発表なのだ。一つも擁護できる点はない。
世間の注目を浴びるのは彼自身が望んだことだ。彼の思惑と違った形での注目だったとしても、ネタを提供したのは彼の方だ。
住んでる家の家賃が記事になっても文句は言えまい。
嘘がばれていなかったら、「家賃6万の庶民派研究員が快挙!」みたいな記事になってた気がするし(笑)。

新聞社が裏を取らずに記事にしたことと、虚偽の研究発表をしたことはそれぞれに別の問題をはらんでいる。
もし、今回の件が大事になっていなかったとしたら、彼は今後もこういう嘘の研究発表を重ねていたはずで、それは見過ごしていい話ではない。

怪しげな健康食品や民間療法の本なんかで、彼の研究成果が紹介されていたらどうだろう?
ハーバード大、東大に所属する研究者が○年に学会で発表した研究に基づいて開発された治療法で云々カンヌンと。
騙される人がいても、騙されるほうが悪いとは言えないだろう。
山中教授のノーベル賞受賞を受けて、山中教授の研究所に寄付する人が増えているようだけど、もし、森口氏の研究発表を元に寄付を募る輩がいたらどうだろう?
寄付する人もいるんじゃないかと思う。
虚偽の研究成果が一人歩きしてしまってから起きるだろうあれこれを考えると、恐ろしい。

もし、彼のような怪しげな研究者がたくさんいて、たいした審査も受けずに学会発表ができて、それが実績とされてしまうのなら、それは彼個人の問題ではすまない。
「学会で発表された」という文言になんの信憑性もないのだとすると、一般人はどんな研究成果も信用できない。
日本人の理科離れを嘆いている場合ではない。
どんな学会にも倫理規定があるはずだ。
他人の論文のパクリは問題になるのに、ゼロから捏造した論文は問題にならないなんておかしい。
研究者の間ではよくある話だったとしても、それでは困る。
東大も所属する研究員の研究活動について、チェックしないのか?

森口氏に騙された新聞社は、なぜ騙されたのかを検証するのはもちろんのこと、彼のようなインチキ研究者の存在がいままで問題とされてこなかった医学界の内情についても掘り下げるべきだろう。
命に関する研究の信憑性を疑わせるような研究者は、社会的に抹殺されて当然だ。

posted by らいと at 00:21|

2012年10月14日

ハハハ!名のある毒に釣られる大新聞

宮部みゆきの『名もなき毒』という小説の中に、虚言癖のある人格障害らしき女が出てくる。
履歴書の学歴から職歴から年齢からなにからなにまで嘘。
経歴の嘘だけでなく、仕事のミスや態度を注意されると激高し、自分は悪くないと言い張る女。そして、周りが自分を苛めていると被害者ぶる女。
無断欠勤を理由に職場を解雇されると、職場でイジメにあっていただの、給与を搾取されただの、上司にセクハラされただのと嘘を並べ立てた手紙を職場の親会社に送りつけ、訴訟を起こすと嘯く。
経歴を盛るぐらいの嘘なら、見栄っ張りな哀れな女って感じだけど、この女は、他人を陥れるために嘘をついて、相手を不幸にすることで気を晴らそうとするので、何一つ同情できない。

リアルの世界でも、虚言癖の男が話題になっている。
iPS細胞を使った移植手術に世界で始めて成功したと読売新聞が報じた森口という人。
彼の経歴や研究の内容が嘘である可能性が高まったことで、ノーベル賞をとってもいないのに時の人。
このニュースの関心事は、「なぜ、森口という人はすぐにわかる嘘をついたのか?」と「なぜ、読売新聞はその嘘を見抜けなかったのか?」の2点。

今や嘘つきと言えば、民主党議員か韓国人なわけだけど、バレバレの嘘をつく心理が本当にわからない。
ばれないような嘘をつくならまだわかるんだけど、すぐにばれる嘘をつくメリットがわからない。
会見では、6件手術したと言っていたのが1件だけだったと訂正したようだけど、5件の手術のデータは嘘だったと認めたのと同じなわけで、疑惑に対する釈明になっていない。
彼が手術を行ったとする病院や共同研究者とされている人がすべて、その手術の実施を否定しているのだから、どう頑張っても弁解しようがない。
6件のうちの1件だけは本当だと言い張ることに何のメリットがあるのかわからない。

宮部みゆきの小説に出てくる虚言癖の女は、事件を起こしても新聞でさほど大きな扱いにならないのに対して、虚言癖の森口氏の新聞での扱いは大きい。
小説の登場人物と比較するのもおかしいけれど、この違いは、小説の女は、名もない人物であるのに対して、森口氏は名のある人物である点だ。本人が有名人という意味ではなく、彼が語った肩書きに名があるということ。
小説の女も経歴を詐称してるんだけど、高校中退なのに大卒とか、零細出版社にいただけなのに、有名なライターと仕事をしたことがあるとかの類の嘘で、大新聞が興味を持つような立派なキャリアではない。
でも、森口氏のキャリアは立派だ。それが嘘であったとしても。
ハーバード大客員講師で東大病院の特任研究員を名乗る研究者。
東大の特任研究員というのは本当のようだけど、ハーバード大については、過去に1ヶ月、ハーバード大の関連病院の客員研究員だったことがあるだけ。
研究者ではあるようだけど、医師免許も持ってないようだし、どういうポジションの人なのかわからない。

素人の自分でも、「森口氏のいう世界初の手術が本当に行われていたら、なぜ、その時に病院や大学が発表しなかったのか?」とか「そんなすごい研究成果が、なぜポスター展示なのか?」と疑問に思うわけだけど、読売は疑問に思わずニュースにした。
森口氏は、読売だけでなく、日経、朝日、毎日と名のある新聞社に自ら売り込みに行っており、読売だけが記事にしたようだ。

しかし、彼の研究成果を新聞が掲載したのは、今回が初めてではない。
読売だけでなく、今回彼が売り込みにいった新聞社はすべて、過去に彼の研究を記事にしている。
日経が過去に記事にした研究は、「森口氏と東京医科歯科大学のグループ」名義だったのだが、「ハーバード大研究員らが云々」と見出しをつけている。ちなみに東京医科歯科大学は、その研究の実施を否定している。
「ハーバード大」の名に釣られて記事にしたのは容易に想像出来る。
今回は、山中教授がノーベル賞を受賞した直後だったこともあって、大きな記事になっただけで、過去にも騙されているのだ。
名もない中小企業勤務の人が痴漢をしても記事にならないけど、名のある大企業の社員だったり官僚だったりすると記事になるのと同じだ。新聞記事になるかならないかは、名があるかどうかで決まる。

森口氏は、近所の人に「ノーベル賞候補になった」と話していたとも言うし、ノーベル賞発表の3ヶ月前から、新聞社に売り込んでる辺りを見ると、本人はハーバード大所属の研究員としてノーベル賞をとる妄想にとりつかれていたのかもしれない。病的だけれど。

それにしても、過去に記事になった研究内容も虚偽だったことが明らかになるにつれ、今までどうして問題にならなかったのか不思議だ。
研究者や医者は、新聞を読まないのか?
「やってもいない研究に名前が使われている」と指摘する人はいなかったのか?
今回は、たまたまノーベル賞関連で話題になっただけで、虚偽の研究発表はよくあることなのか?
件の論文を発表する予定だった学会もざる審査だったのか?
なにより、新聞社は、自称の肩書きの裏を取らないのか?

以前から、日本の新聞社には、科学分野について専門知識のある記者がいないことが問題になっているけど、新聞社にとって、価値のある研究とは、その内容ではなく、肩書きと話題性(今回ならノーベル賞&iPS細胞)で決まることがはっきりしたわけだ。
各社とも森口氏についての過去の記事について調査するようだけど、科学や医療の研究についての記事は、この人以外についても調査した方がいいんじゃないの?

原発事故による放射能の影響についても、ご立派な肩書きの学者がテレビや新聞でいろんなことを言ってるけど、報じる側に知識がないから、論点が定まらないし、学者の言い分を垂れ流してるだけ。
科学的にはっきりした影響が証明できていないなら、そう説明するまでだと思うけど、闇雲に安全か危険かをはっきりさせようとして、かえって混乱を招いている。
個人的には、ワイドショー御用達の学者は、あまり信用しないようにしている。だって、有能な学者だったら、頻繁にテレビの生放送に出てる暇などないはずだから。

ノーベル文学賞受賞者の大江健三郎とかアカデミー賞受賞者の坂本龍一とかを脱原発派としてマスコミが持ち上げても、世間が一向に脱原発になびかないのは、世間はマスコミほど立派な肩書きに釣られないからかもしれない。
来週は新聞週間らしいけど、今後一切、「ネットの情報は信用性が低いが、新聞の記事は信用性が高い」とか言わないように(笑)。

posted by らいと at 14:37|